アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
心理学を応用したテレアポ、飛び込み訪問です。
ブログ紹介
テレアポ、飛び込み訪問で悩んでいるあなたへ。
断りの連続で辛いという方のために、「心理学」を応用した
最新の営業テクニックを用意致しました。
アポや契約が取れないのは、あなたの責任ではありません。
取れる見込みの無いやり方をしていたからです。
でも、これからは大丈夫です。
そんなあなたの為に、解決するノウハウがここにあるからです。
zoom RSS

あなたも新規開拓で「この営業方法」を実行するだけで、3日で結果を出すことができる

2018/02/19 08:00
新規開拓で苦労しているあなたに、

見込み客を見つける方法や紹介客を得る方法、
そしてインターホンの攻略に役立つ方法など
結果につながる営業手法があります。

たとえば新規開拓で思うように結果が出ないのは
今のやり方がうまくいっていないために
断わられる件数が多く先に進まない・・・
と言うのがあることです。

他の人は結果を出しているのに
自分は出ていない・・・

このように自分だけ結果が出ないのは
自分に合った営業方法を行なっていない、
あるいは相手の興味を引き付けるトークが
まだ出来ていないと言うことが原因ですから、
そこを変えることで結果を出すことも可能になります。

では、自分に合った営業方法とはどんな方法なのか、
どうすれば結果を出せるようになるのか?

そこの部分を知る方法として、
今までの概念にとらわれずに何でも取り組む
姿勢が必要です。

今までの行動を思い返してください。

ほとんど断わられることが多くて、
次のステップに進む案件が少なかったはずです。

これでは契約になる件数も少ないのは当然です。

ですので効果的な方法を知らずに営業しても
結果が出ないのは明白なのです。

実際、あなたが行なっているやり方で
満足な結果が出ていないと言うのであれば、
それはまだ効果的な営業をしていないと言う
結果のあらわれです。

そこで効果的に出来る営業手法です。 

・インターホンを攻略する方法、
・受付や事務員を攻略する方法、
・テレアポで上手に会話できる方法
・飛込み訪問で話しをすることが出来る方法、
・ダイレクトメールで反響を得られる方法、
・ファックスだけで見込み客を集める方法、
・紹介だけで新規客を増やせる方法、

この他にも効果的な営業手法がありますので
今すぐに結果を出さないと後が無いと言う方は
こちらをご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓の営業で結果が出ない時、このような工夫すると「目標達成」も楽に出来る

2018/02/18 11:39
新規開拓の営業で苦労するのは、
思うような結果が出ないことに対する焦りや
モチベーションを維持するのが難しいことです。

そこで心理面の強化です。

テレアポや飛び込み訪問でも
思うような結果が出ないと言う時は、
心理面を変えるのが効果的です。

そこでどのように変えるのかと言うと
小さな成功を積み重ねる工夫をします。

皆さんも目標を持って行動していると思いますが、
その目標設定する目線を変えます。

たとえば今までの目標は
設定した目標を達成することを重視していましたが、
一旦つまづいてしまうとその目標が遠く感じられ、
やる気が失せると言うのがありました。

これが目標達成を辛くしている要因です。

そこで小さな成功を積み重ねる考え方です。

小さな成功ですから、
ホンの目先の目標でかまいません。

その目標を確実にこなして行くことで
「これで一歩前進した、やれば出来る!」
と言った自信が自分の中に生まれます。

そうするとまた次の目先の目標を設定して、
それをクリアするまで行動するようにすれば
自然と達成できるようになります。

つまり目先の目標をクリアすることによって
自分に自信が付いてくるようになりますから、
その自信をいくつも積み重なることによって
最終的な目標を達成させる原動力になると
言う訳です。

何事も「自信に勝る良薬」はありません。

その自信の根拠となるものを
大きな目標ではなく目先の目標を達成して、
充実感を植え付けさせて行けば良いのです。

この考えならばどんなことでも克服できます。

他の人に出来て自分に出来ないことは無いのですから、
どんどん前に進んで行きましょう。

あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


テレアポでアポが取れない時、「最初のアプローチ」を工夫すると相手の反応も変わる

2018/02/16 12:51
テレアポで苦労するのは
話し途中で電話を切られることが多く、
思うようなアポイントが取れないことです。

その理由としては毎日のように
テレアポや営業電話がかかってくるだけに
誰しも聴く耳を持たないのが原因だからです。

そんな状況であっても
1件でも多くアポイントを取らないことには
営業成績を上げることは出来ませんから、
そこはなんとかしなくてはいけません。

そこでテレアポする時のコツですが、
最初のアプローチ段階で興味あるかどうか?

そこの部分が分かれば良いのですから、
自分の商品やサービスを売り込むのではなく、
相手に必要かどうかを確認する・・・
と言った形で攻めて見てはいかがでしょう。

たとえば今までのテレアポは商品を売りたいために
その商品が持つメリットを説明して来ましたが、
それでは誰も素直に話を聞いてくれません。

なぜなら話しを聞いたら売り込まれる・・・
と分かっているからです。

そこでこれからのテレアポは
次のような流れで反応を見るようにします。

「( 商品・サービス名 )について
確認したいことがありまして電話しました。
すぐ終わりますので宜しくお願いします。」

と言った流れで話しを持っていくと
そのまま会話を続けることも出来るようになります。

なぜなら今までの電話とは違い、
「確認とは一体何のことだろう? 」
と思わせることが出来るからです。

あとは話しの流れで
会話を続けることもできるようになりますから、
最初から電話を切られることも少なくなります。

そしてその後も会話が続いたら
売り込みの電話だと思わせないようにしながら
話しのストーリーを組み立てるようにします。

これでアポイントが取れるようになります。
どうぞ参考にして見てください。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

      
  
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓で事務員から断わられる件数が多くて困っている方へ、これなら社長まで話しを通してくれる

2018/02/13 12:35
新規開拓していると困るのが、
「今のところ間に合っているので」
「今忙しいので今度ね」
「代えたばっかりなんだよね、」

と言ったような感じで
簡単に断られてしまうことです。

それも用件を出して話を進めようとしても
それ以上関わろうとしない状況ですから、
また断わられたと言う結果に落ち込む方も
いらっしゃいます。

その「断わられた」と言う
結果を引きずりながらその場をあとにしてしまうと、
嫌な思いだけが残ってしまいます。

そんな嫌な思いを引きずらないためにも
相手の断りから次の展開につなげることが出来る
そんなコツをご紹介したいと思います。

まずは会社訪問でよくあるパターンです。
………………………………………………………

営業「こんにちは、
   (   )会社の(  )と申しますが、
   お世話様です。


   (      )について、
   社長様にご案内したいと思いまして
   お伺いしました。
   社長さんいらっしゃいますか? 」

事務「その話なら間に合ってますので・・・」

営業「そうですか〜 わかりました。
   それではまたお伺いしたいと思います。
   失礼しました・・・ 」

………………………………………………………

と言った感じで終わってしまうと
「ああ〜また断られた・・」と言う状態ですから、
後味も悪く落ち込むような終わり方です。

そこで、
相手の断わりがあっても次につながるトークです。
………………………………………………………

事務「その話なら間に合ってますので・・・ 」

営業「そうですか、
   今のところまだ間に合っていると言うことですね、
   わかりました。
   (相手の断りを一旦受け止めて安心させます。)

   ところでわたくし共では、
   色んな会社と取り引きしておりますので、
   社長さんや御社の仕事先に対しても
   お役に立てる情報をご紹介出来ると思います。
   そのような場合ご迷惑になりませんか?

   たとえば、
   こう言った情報もあるんですが・・・ 」

…………………………………………………………

と言った話しを切り出すことによって
事務員が受ける印象も変わって来ますし、
次につなげる終わり方をすることも出来ますから、
社長まで話を通してくれることも
期待できるようになります。

今までは
「また売り込みの話しか、
社長から断わるように言われているから
間に合っていると言えばいいか・・・」

と言った感じで断わられていたかも知れませんが、
いかに相手の興味を引き出すことが出来るかで
会話を続けられるチャンスが増えるのですから、
断わりは断わりのままでは終わらせない・・・
と言った工夫が大事なのです。

次につなげる訪問をすることが
結果を残すためにも必要なポイントです。

どうぞ今回の内容を参考にして下さい、
あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓で結果が出ない方へ、この工夫なら継続して契約を取ることができる

2018/02/08 13:33
皆さんも営業目標に向かって
日々努力していると思われますが、
実際、思うように行かないケースも
よくあります。

訪問しても冷たく断わられ、
電話をしても話しを聞いてもらえない、
本当に契約できるのだろうかと
思い悩むこともありますよね。

ですが、同じ営業をしているのに
結果が出る人と出ない人がいます。

なぜ結果が違ってくるのか、
あなたはお分かりになりますか?

それは営業マンの能力に寄るものでは無くて
行動量の違いによるケースが大きいと言う
ことです。

確かに営業トークの差もあるでしょうが
商談した全ての人が契約する訳ではありませんし、
その中にいた見込み客から契約になる訳ですから
その見込み客の数を大きくしないことには
契約数も増えません。

皆さんもその見込み客の数を増やすために
テレアポや飛び込み訪問をしている訳ですが、
当然キツイ断りや居留守を使われることもありますし、
相手にされないこともあります。

そうすると営業マンによっては訪問件数が少なくなったり、
仕事をしないでサボってしまう方も出て来ます。

これが営業マンの能力に寄るものでは無くて、
行動量の違いによるケースが大きいと
説明した部分です。

ではどのようにしたら良いのかと言いますと、
それは何と言っても「見込み客の総量」を
大きくすることが必要です。

当然その中には契約につながるAランクも入っていますし、
すぐ決まらずに時間かかるBランクであったり、
自然消滅するCランク以下のものも
含まれています。

ですが一番大きなポイントになるのは
気持ちに余裕が生まれることです。

たとえば抱えている見込み客の1人と契約が出来なくても、
「まだ他にも見込み客はあるのだから
 何も心配はいらない、」

と言ったように
「心理的なゆとり」が生まれます。

今までの不安や悩みと言うものは、
その商談が上手くいかなかったらどうしようとか
これだけは失敗出来ないと言ったように
プレッシャーから気持ちに余裕も無くなり、
焦りから次第にやる気も失せてしまうことに
ありました。

それらを払拭するには
失敗に恐れない心に余裕を持つことが
大事なのです。

ゆえに営業で成功する人は
営業マン自身の能力に寄るものでは無くて
行動量の違いによるケースが大きいのですから、

あなたも結果を出し続けたいと言うのなら、
ランクに関わらず見込み客の数を増やすために
今まで以上に行動量を増やしてください。

そうすれば必然的に結果を出すことは
可能になりますよ。

どうぞお試し下さい、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにもノウハウがありますので、
ご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規契約件数を増やす方法は相手にこんなイメージをさせること

2018/02/05 13:41
相手が契約したいと思う時はどんな時か、
あなたはお分かりになりますか?

その商品がほしくなったから?
またはそのサービスが必要になったから?

もちろんそれ意外にも理由は色々ありますが、
実は大きな決め手は違うところにあります。

それはその商品やサービスを使って喜んでいる
未来の自分の姿が見えた時です。

それを使って喜んでいる姿が思い浮かぶ・・・
そのサービスを受けることで充実した生活が
送っている自分の姿が見える・・・

そんな未来の自分が手に入ると思えば、
それを使って見たいと思えるようになります。

ここがポイントです。

あなたも契約を取りたいと思うのならば、
相手に喜んでいる未来の姿を見せることで
契約したいと言わせることも可能になると
言う訳です。

そうすれば今まで苦労していた
新規契約も増えること間違いありません。

どうぞお試しください。

その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考に出来る営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓で結果が出ない時、この方法なら新規件数を増やすことが出来る

2018/01/31 09:52
あなたもこのような悩みを持ったことは
ありませんか?

営業成績が伸びないので悩んでいる・・・
新規件数が少ないので落ち込んでいる・・・
他の人よりも営業能力が劣っているかも・・・

いかがですか、
このような悩みを解決出来る方法があるとしたら、
あなたも試して見たいと思いませんか?

そもそも他の人と比べてしまうのは
自分に自信が無い時に見られる傾向ですから、
その自信を変えるようにすれば解決します。

たとえば営業成績が悪いと言うのは、
それだけの行動しかしていないことが多いので
もっと行動量を増やすことで解決出来ます。

新規件数が少ないと言うのも
見込み客の件数が少ないと言うのがありますので、
もっとアプローチを増やすことで解決します。

そして営業能力が劣っているかも知れないと言うのは、
今まで以上に行動量を増やすことで変わりますから、
営業能力を向上させることは可能です。

つまり
・営業成績が悪い、
・新規件数が少ない、
・営業能力が無いと言う悩みは、

自分が行動している件数の中だけで
自分で勝手に決めつけているだけですから、
もっと可能性はあると言うことです。

やるべきことはただひとつ、
行動量を増やすことに全力をあげることです。

そうすれば
今まで以上の結果を残すことも可能になりますし、
悩んでいたことも小さなことだと思うように
なるからです。

今までは少ない件数の中で決めていました。

これだけの結果しか出ないのは
自分に能力が無いからだと・・・

しかし、これからは違います。

やればやった分の結果は必ず付いてくるのですから、
ただひたすら行動量を増やせば良いのです。

結果は自分が動いた後に付いて来ます。

ですので結果が欲しいと言うのであれば、
今すぐ行動してください。
明日からではなく今すぐです、

それが結果の出る最善の策です。

でも、行動するにはどうすれば良いのか知りたい、
あるいは新規開拓に使えるテレアポや飛び込み訪問など
実践で使える『最新の営業ノウハウ』を知りたい方は
こちらをご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓の「飛び込み訪問」で成功する秘訣は、最初の入り方をこのようにすること

2018/01/22 20:58
飛び込み訪問で苦労するのは
最初の入り方をどのようにしたら良いのか?
どうすれば話しを聞いて貰えるのか?
と言った部分です。

なにしろ最初の一言で断わられてしまうのですから、
最初の入り方を工夫しないことには
先に進まないからです。

ですが、
何も考えずに勢いだけで訪問してしまうと、

・今忙しいので後にしてください、
・その話しなら必要ないから、
・今のところ間に合っているので・・・
・けっこうです!

と言ったように、
お決まりの断わり文句を言われて
おしまいです。

そこで入り方の工夫です。

今までの入り方と言えば、
………………………………………
新しい情報が入りましたので、
ご紹介するためにお伺いしました、
………………………………………
(  )のご挨拶でお伺いしました、
………………………………………

と言ったような感じで
あなたも訪問していたと思いますが、
これでは良い結果を残すことは出来ません。

そこで、ワンポイントです。

今までの営業は
一方的な話しを押し付ける印象を与えていたので、
お断りされるケースが多かったはずです。

そこで、これからの入り方ですが、
相手が興味あるかどうかを確認すると言った、
「確認トーク」で攻めて見てははいかがでしょう。

たとえばこんな感じです。
…………………………………………………

今回(   )について、
皆さんに確認したいことがありまして、
お伺い致しました。

もちろん、(   )については、
もう少し内容を知りたいと言う方にだけ
説明しておりましたので、
ご安心下さい。

そこで、こちらの(   )なんですが、
あまり知られていない(   )もあるんですが、
ご存知でしたか? 」
…………………………………………………

と言ったように
相手が興味あるかどうか確認するだけで
冷たく断られる件数も少なくなります。

さらに、質問をはさむのもコツです。

今までは話しを聞いてくれそうな相手には
ここぞとばかりに説明して来たと思いますが、
それでは相手にして見れば引いていくだけで
結果を残すことはできません。

そこで話しを続けるコツは、
「相手にしゃべらせること」です。

事前に質問内容を用意して置いて
返答を貰うようにします。

そうすればスムーズに話しを続けることも出来ますし、
結果を出すことも出来るようになるからです。

どうぞ、あなたもお試しください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考になるノウハウを探している方は
こちらをご覧下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓で法人営業する場合、受付や事務員を攻略して社長までつないで貰える工夫(証券営業編)

2018/01/19 21:55
証券営業で会社訪問する時にネックとなるのは
受付や事務員の存在です。

これは証券営業に限らずどの営業でも同じですから、
いかに受付を攻略するかがポイントになります。

たとえば一般的な受付はこのような感じです。
…………………………………………………………

営業「お世話様です、
  (  )証券の(  )と申しますが、
   社長様はいらっしゃいますか? 」

受付「お約束は取っていますか? 」

営業「いえ、この地区を担当することになったので
   ご挨拶にお伺いしたのですが・・・ 」

受付「お約束が無いと取り次ぎできませんが、」

営業「そうですか・・・
   それではこちらの資料だけ渡してくれますか、
   後で連絡しますので宜しくお願いします。
   失礼しました・・・ 」

…………………………………………………………

いかがですか、
今までのパターンはこのような感じで
終わっていたと思います。

これではいつまでたっても社長と会うことは出来ません。

そこでこちらのトークです。
      ↓ ↓ ↓
…………………………………………………………………

営業「お世話様です、
  (  )証券の( )と申しまして、
   今日はお約束ではないんですが、
   御社の業績アップにつながる新しい情報が出ましたので
   そのお知らせを社長様にしたいと思いまして
   急きょお伺いしました。
   時間はかかりませんので社長様お願いします。」

受付「少々お待ち下さい。」

…………………………………………………………………
と言ったように、
このような入り方であれば
次の展開に持ち込めることも可能になります。

ポイントは、
相手に有益な話しであると思わせることで
断られなくすることです。

それが、
「業績アップにつながる情報」と言った言葉です。

自社の業績つながる情報なら
受付や事務員サイドで判断することが難しいだけに、
担当者までつないでくれることも期待出来るからです。

そして、
新しい情報についての収集をする場合は、
色んな業種に使えるものをインターネットから
いくつか抜粋して1枚の紙にまとめておけば、
いつでも渡せることが出来ます。

このように相手に何らかの情報を与えて
自分が役立つ存在として認めさせることが出来れば、
第一関門は成功したのも同然です。

仮に今回会えないとしても、
相手に役立つ情報を置いてくることによって
次の訪問もしやすくなるからです。

あなたも受付でいつも断られているような場合は、
参考にしてみては如何でしょう。

その他、効果的な営業トークを知りたい、
あるいは新規開拓や飛び込み訪問について
実践的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


何度電話してもアポイントが取れない時、この工夫をすればアポが取れるようになる

2018/01/03 11:11
あなたが使っているテレアポトークは
会社で用意されたトークでしょうか?
先輩から教えられたトークでしょうか?

「いや、自分で考えたトークで電話しているよ、」
とおっしゃる方もいるでしょう。

もちろんどのようなトークでもかまいませんが、
今のトークで結果が出ているのか?・・・
と言うことです。

最近は経費削減のため外回りではなく、
電話を使って営業する会社も増えているため
当然、毎日のようにセールスの電話が来ますから、
受ける側も警戒しているのが現状です。

すると以前にも増して拒絶反応が見られるようになり、
アポイントが取りづらいと言うのが現状です。

それだけ拒絶されることが多いテレアポですが、
もし相手の断りを回避してアポが取れるようになれば
あなたも苦労しないと思われますが
いかがでしょう。

そんなあなたのために、
テレアポの「ポイントになるコツ」を
いくつかご紹介したいと思います。

まずは会社に電話する例として
よくありがちなトークをご覧下さい。
………………………………………………………

営業「お忙しいところ恐れ入ります。
  (   )会社の(   )と申しまして、
  (      )のご案内で電話したのですが、
   社長様はいらっしゃいますでしょうか?」

事務「その件でしたら間に合っていますので、」

営業「そうですか、
   分かりました、失礼します・・・」

………………………………………………………

このように電話しても
すぐ断られることが多い訳ですが、

なぜこのトークで断られてしまうのか、
あなたはお分かりになりますか?

それは・・・
「自分からテレアポの電話です、」
と相手に伝えているからです。

たとえば、
「お忙しいところ恐れ入ります」と言った入り方は
丁寧な印象を与えるように思われますが、

相手にして見ればそう言った電話をして来るのは
ほとんどが営業電話だと分っていますから、
話しを聞かずにすぐ断られてしまうのです。

そしてもう1点は、
「(    )のご案内で電話したのですが・・」
と用件を述べている点です。

これでは売り込み電話だと思われるのは当然ですから、
相手が断わって来るのは当然です。

つまり、相手が断わってくると言うのは、
あなたが言わせていると言うことなのです。

このようなトークをしている限り
何度電話してもキーマンに取り次いでもらえませんし、
挙句には取次禁止と言う扱いを受けかねません。

では、どのようにすれば良いのか?

それは最初に電話に出た方に対して
自社にメリットがある話しだと思わせるようにすること。

そうすればすぐ電話を切られることもありませんし、
社長につないで貰うことも期待出来るようになります。

このようにテレアポで成功する秘訣は
メリットや恩恵が受けられる話しだと言うことを
相手に分かりやすく伝えることです。

受付や事務員も自社にとって有益な話しと分かれば
「少し話しを聞いて見ようかな・・・」
と次の展開へ進ませることも可能になります。

もし、あなたも
何度電話してもアポイントが取れない時は、
今のトーク内容を工夫して見てはいかがでしょう。

きっと効果も違って来ますよ。

その効果的なテレアポトークの内容を知りたい、
あるいは新規開拓や飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


営業で結果を出したいと言う方へ、目標に向かって「確実に出来る方法」あります

2018/01/02 13:33
2018年、
今年こそ結果を出したいと思っていても
気持ちが思うように動かない・・・

あなたもこのような状態に
なっていませんか?

やらなければいけないと分かっていても
思うように体が動かない・・・

その理由としては、
…………………………………
・冷たく断わられたらどうしよう
・何を言われるか不安・・・
・嫌な対応にあいたくない
・失敗する自分に耐えられない
…………………………………
と言った気持ちがあるからです。

失敗したくないから行動しない、
行動しないから失敗することは無い、
だから自分は傷つかない・・・

これが行動に移せない原因のひとつです。

ですが、
これでは結果を出すことは出来ませんので、
仕事にも影響が出ます。

そこで、また考えてしまいます。

「何とかしないと・・・」

でも、そんな簡単に
結果を出すことは出来ませんから、
根本的な意識を変えないことには
また同じことの繰り返しです。

そこで「心理面の強化」です。

テレアポでも飛び込み訪問でも
失敗が怖くて行動できないと言うならば、
心理面を変えるしかありません。

どのようにするのかと言いますと、
小さな目標と成功の積み重ねをする・・・
と言った工夫があります。

皆さんも目標を持って行動する訳ですが、
その目標の設定を工夫します。

たとえば今までのように目標設定した場合、
最終到達に向けて必死に行動する訳ですが
それが途中の段階で目標達成が難しくなると
やる気が持続せずに諦めムードが出てくると
言うのがありました。

これが目標達成を辛くしている要因です。

なにしろ目標設定に対して
あきらかに遠く感じられるのですから、
心の中ではもう駄目だと思っている自分がいるからです。

そこで目標の設定を変えます。

…………………………………………
小さな目標と積み重ねを繰り返す。
…………………………………………
この考え方に切り替えます。

小さな目標とは、
今日一日だけの目標を決めます。

その目標を確実にこなして行くことで
「やれば出来るんだ」と言う自信となるものを
自分に与えることが出来るようになります。

つまり、小さな目標を達成することで
自分に対して小さな自信が付いてきますし、
それを何度も積み重なることによって
大きな自信となり最終的な目標を達成させる
原動力にもなるからです。

何事も「自信に勝る良薬」はありません。

その自信となる根拠を
「小さな目標」と「成功の積み重ね」で
植え付けて行けば良いのです。

この考えなら
どんなことでも克服できます。

他の人に出来てあなたに出来ないことは
なにもありません。

さあ、どんどんチャレンジして行きましょう。
あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも最新のノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


謹賀新年/今年こそ目標達成したい方へ、この「新しい営業方法」を試すだけで結果も出ます

2018/01/01 11:46
画像  

画像
画像


昨年、多くの営業マンにノウハウを提供して来た結果、
たくさんの方から「結果が出ました」と喜びの声を貰いました。

「営業成績が上がり助かりました、」
「ちょっとしたコツでスムーズに行ったので驚きです、」
「目標達成がコンスタントになりとてもうれしいです、」
「こんな入り方があるなんて驚きの連続でした、」
「今まで悩んでいたことがウソのようです、」

この他にもたくさんのメールを頂いてます。

あなたも結果を出したいと思っていても、
今までの流れからそんなに好転は見込めない・・・
と思っているはずです。

もっと営業努力をしなければいけない、
もっと電話や訪問件数を増やさないとダメだ・・・
とわかっていても、

断わられる件数が多くて見込み客すらできない
と言うのが現状だからです。

そんな断わられる件数が多い方でも
結果を出す営業方法があります。

それがこちらです、

・インターホンを攻略する方法、
・受付や事務員を攻略する方法、
・テレアポで上手に会話できる方法
・飛込み訪問で話しをすることが出来る方法、
・ダイレクトメールで反響を得られる方法、
・ファックスだけで見込み客を集める方法、
・紹介だけで新規客を増やせる方法、

▼さらに、
 保険の営業で使えるノウハウもあります。
…………………………………………………………
・保険の営業にも使える「手紙DM」で会話が広がる
・保険のテレアポ切り返しに使える営業ノウハウ集
・クリニック・法人関係にアポイントを取る営業トーク
・保険の営業で使える案内状「通販型の保険を題材」
・保険の営業に役立つ「相談メールの回答例」
・飛び込み訪問用に使える「営業チラシ」
・損保営業のスプリクト・レターの添削実例集
・有料メルマガより全投稿ノウハウ集をプレゼント♪
・62円で送れるミニレターの現物
…………………………………………………………

このような営業ノウハウを活用することで
あなたの営業成績をアップさせることも
可能になります。

今年こそ結果を出したいと思っているならば、
即効性のある営業方法を試して見ては
いかがでしょう。

目標達成することも夢ではありません。

どれだけの営業方法なのか、
詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」




記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


テレアポで社名や用件を言った途端すぐ断わられる時、ここを工夫すると話を聞いて貰える

2017/12/28 14:41
テレアポしている時に困るのが、
社名や用件を言った途端に
「そう言った話しは間に合ってますから、」
と簡単に終わってしまうことです。

このようなことが続いてしまうと
電話する気力も無くなってしまいます。

そこで解決策です。

すぐ断わられるのは
最初の入り方にあると言うことは
みなさんもご承知の通りです。

投資の例で言えば、
「資産運用の・・・」と言った時点で
「その話しなら間に合ってますから、」
と断わられてしまいます。

「資産運用の」と言っただけで断わられる・・・
これでは先に進みません。

なにしろ
「資産運用」と言ったキーワードを聞くと
「投資」と言う言葉が連想してしまうからです。

つまり投資の話しを聞いてしまうと
大事なお金を取られてしまう?・・・
と言った連想になり警戒されてしまうので、
誰も話しを聞きたがらないのです。

と言うことは、
そのイメージを変えることが出来れば
話しを聞いてくれる人が増える・・・
と言うことになります。

ここに解決策のヒントがあります。

同じ投資の話しでも言葉のイメージを変えることで
相手に聴く耳を持たせる事も可能になりますので、
そこを工夫すれば良いのです。

今まではどのように工夫しても
まったくアポイントが取れなかった方でも
入り方を工夫するだけで結果を変えることが
出来るようになるのですから
あなたも試して見てはいかがでしょう。

その投資などにも使えるテレアポトークが知りたい、
あるいは新規開拓の方法を知りたいと言う方は
こちらにも『実践で使えるノウハウ』がありますので、
ご覧下になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


切り返しに使える営業トーク、ここを工夫すると劇的に変わる

2017/12/19 15:06
商品の詳細な内容はもちろんのこと、
営業トークや断りに対する想定門答も用意し、
受け答えに万全な体制で営業をしている
1人の営業マンがいました。

そして彼には同期に入社した同僚がいて、
反対に場当たり的な営業しかしないと言う
営業マンもいました。

さて、どちらが成績優秀な営業マンか、
あなたはお分かりになりますか?

ひと言で言えば、
受け答えに万全な対応をしている営業マンが
成績が良いと思われがちですが、
実際はそうではありません。

確かにトークや断りに対する切り返しなど、
完璧に近い対応が出来れば良いと思いますが、
営業する先の相手は感情のある人間です。

言葉だけで判断する人はそういないからです。

その営業マンが本当に誠実な人なのか?
そして信頼を置けるだけの人柄なのか?
さらに自分とウマが合うのかと言った点を見ながら
その営業マンから受ける全体の雰囲気を感じて
判断していることが多いからです。

実際、あなた自身営業された場合も
話しの内容よりもその営業マンの雰囲気を見て
判断することも多いと思いますが、
いかがでしょう?・・・

それと同じことです。

ある有名な心理学者が研究した内容によると、
人は相手とコミニュケーションを図ろうとする時、
・外見から判断する割合が55%、
・相手が発する声の印象は38%、
・そして残りの7%は会話の内容しかない、
と言う結果が出ていると言われています。

つまり、
営業マンが一生懸命トークを駆使したとしても
会話の内容を7%しか見ていないのですから、
結果が出ないのは営業トークが下手だから?
と言うことでは無かったのです。

営業トークを駆使する前に、
相手に印象を与える必要性があったんですね。

と言うことは・・・
7%しか与えられないトークを悩む前に
93%を占める外見や仕草、

そして心地良い話し方になるように
その場をやわらげる工夫をするべきです。

そうすれば切り返しトークで
頭を悩ますことはありませんよね。

あなたがすることはただひとつ、
相手から警戒されない、信頼を与える雰囲気を
最初の段階で与えることです。

どうぞお試しください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


新規開拓でアポを取るコツは「相手に質問すること」で展開を変えることが出来ること

2017/12/14 15:27
営新規開拓の営業でよく言われるのが
「アポが取れるコツを教えてほしい、」
と言った内容です。

それだけ電話をしても簡単に断わられたり、
訪問してもインターホンで終わってしまうので
思うようにアポが取れず困っていると言う方が
多いのです。

ですがテレアポや訪問される側にして見れば
毎日のように売り込みの営業が多いので
受ける側も警戒するのは当然です。

では今やっているテレアポや訪問で
アポイントを取ることは出来ないのか?
と言うことですがそんなことはありません。

工夫次第で幾らでも精度を上げることは
可能なのですから、そのやり方を
工夫すれば良いのです。

実際どのように工夫すれば良いのか?
と言うことになりますが、

まずは営業を受ける相手の立場になって
視点を変えることで攻め方も見えてきます。

自分がされて嫌なのは相手も同じだからです。

その際、面倒だ迷惑だと言ったように
声のトーンから反応が良くないと感じたならば
「このような電話はよくかかってくるんですか?」
と質問して見てください。

質問することによって
会話を続けるキッカケにもなりますし、
相手に「そうなんですよ」と言わせることで
この営業マンは他とは違うなと印象付けることが
出来るからです。

このように相手の心理に語りかける工夫は
いくらでもあります。

最初の一言で相手を引きつけるトークや
あなた自身が使えるオリジナルトークなど
場面に応じた営業トークなら効果も違いますので
参考にしたい方はこちらをご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


飛び込み訪問で苦労するインターホンがこの工夫なら「話しを聞いて貰える」

2017/12/04 07:43
個人宅へ飛び込み訪問した場合、
ほとんどインターホンで断わられてしまいます。

今はどこの家でもインターホンが付いているだけに、
ボタンを押しても応答が無かったり、あるいは
カメラ越しで簡単に断わられる件数が多い状態です。

そんな冷たい仕打ちを受けるインターホンですが、
その特性を逆に利用する方法があるのです。

そもそもインターホンは
「声だけのやりとり」で済みますから、
断わる側は簡単です。

「今から出かけるので・・」
「今忙しいので・・・」
「間に合ってますから・・」

さらに誰が来たのかカメラで確認して
そのまま居留守を使う方もいます。

このようなことが簡単に出来るのは、
“インターホンがある”からです。

そのインターホンを逆に利用することが出来るとしたら、
いかがでしょう・・・

今まで苦労していたインターホンが
自分にとってプラスとなるとしたら・・・
あなたも試して見たいと思いますよね。

ここからが
インターホンを攻略するコツです。

たとえば相手から、
「その話しを聞かせて欲しい、」
あるいは「もっと詳しく聞きたい・・」
と思わせることができれば
インターホンを攻略することが出来ます。

今までの入り方と言えば
社名を名乗って用件を伝えていたはずです。

特定商取引法に関係することですから、
当然の入り方です。

ですが相手側にして見れば、
「ああ、面倒な人が来たな・・・」
と言った程度にしか思っていません。

なぜなら自分にとって
どうでもいい話しだと思っているからです。

ここがポイントです。

自分にとってどうでもいい話しから、
「自分にとってメリットある話しかも?」
と期待させて思わせることが出来れば
話しを聞いてくれると言うことです。

「そんなことはすでに工夫しているし、
そうならないから苦労しているんだよ、」
とおっしゃる方もいるでしょう。

ですが、もう一度考えて見てください。

インターホンが攻略できないのは
面倒な話しだと思われていることであって
本当の中身まで理解しているのでは無い・・
と言うことです。

そこの部分を分ってもらえないので
多くの営業マンが苦労しているのです。

ゆえにインターホンを攻略するコツは、
「自分にとってメリットある話しかも?」
と思わせるように相手の考え方を変えるだけの
トークを工夫することです。

もちろん反応が無ければ
さらに違う角度から工夫するようにして
トークを改良していきます。

でも、その工夫の仕方が分らない・・・
と悩んでいる方もいるでしょう。

そんな方はこちらを参考にして下さい、
『解決の糸口』が見つかります。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓で結果を出している人は、こんな方法で「安定した営業成績」を出しています

2017/11/24 07:34
新規開拓で困るのが、
・話しを聞いてもらえない・・・
・すぐ断わられてしまう・・・
・思うような見込み客が出来ない・・

あなたもこのようなケースで
お困りになっていませんか?

ですがそう言った中でも
結果を出している営業マンはいます。

なぜ彼らは結果を出すことが
出来るのでしょうか?

反対に自分はなぜ結果を出すことが
出来ないのでしょう?

答えは簡単です。

出来る営業マンは
最初から売り込みをしません。

テレアポや飛び込み訪問でも
最初から売り込みをしないのです。

最初にすることと言えば、
相手が知りたい情報や資料を
先に与えるようにして、尚且つ、
自分と言う人間性を知らせていることです。

先に与えてから次のステップに進む・・・

これが結果を出している営業マンの
やり方です。

反対に結果の出ない営業マンほど
相手のことよりも自分の都合を優先して
話しを進めようとします。

自分の中では
「契約を取らないといけない・・・」
「見込み客を見つけないといけない・・・」

このようなあせりが働くために
どうしても説明することに集中してしまい、
売り込みになってしまうのです。

ここが出来る営業マンとの違いです。

相手の嫌がること(売り込み)はしません、
逆に相手が知りたいと思う情報を与えながら
自分と言う人間性を知らせることに
力を注いでいるのです。

結果が違うのは当然です。

ですからこれからの営業は
最初から売り込みするのではなく、
相手が知りたくなる情報を与えながら
自分と言う人間性を伝えるとともに、
相手に興味を持たせるような仕組みを
与えることです。

そうすれば次の展開に持ち込むことも可能になりますし、
話しを聞きたいと思わせることも出来ますから
今まで以上に見込み客も増えます。

どうぞ、試してください、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


飛び込み訪問にも使える「見込み客を見つける工夫」、それは相手のホンネを訊き出すこと

2017/11/20 22:15
リフォーム営業をしている方から
見込み客を見つけるにはどうしたらいいのか
困っていると相談される事もよくあります。

今回はそんな悩める営業マンのために
訪問で使えるコツをご紹介したいと思います。

そのコツと言うのは、
相手のホンネを訊き出すこと。

相手の悩みや困り事を聞き出すには
どうしたら良いのか?

と言うのも面と向かって
「あなたの悩みや困り事を教えて下さい。」
と言って教えてくれる人はいません。

「そんなこと言ったら売り込まれるでしょ、」
と冷たく断わられて終わりだからです。

では、どのようにして訊き出すのかと言うと、
相手のことをほめたたえてあげれば良いのです。

人はほめられると悪い気分はしませんから、
ついついよけいなことまで話してしまいます。

それだけ気分も良くなりますし、
何気なくホンネの部分を出してしまうからです。

ではどのように訊き出せば良いのか?と言うことで
ひとつの例としてこちらをご覧ください。

…………………………………………………………

営業「タバコは吸われるんですか?

   えっ、禁煙されたんですか、
   よく禁煙出来ましたね〜

   禁煙したくても出来ない人も多いんですが
   さすがですね〜

   それじゃ壁紙もキレイですよね。」

相手「まあね、
   タバコ吸わないから壁紙の黄ばみは無いけど、
   でも、湿気でちょっとめくれてるんだよね〜

   まだ大丈夫だとは思うんだけど、
   何か支障でもありますかね・・・」

…………………………………………………………

このような感じで相手のことをほめてあげると
気分も良くなり、ついついよけいなこまで
しゃべってしまう方もいます。

普通に壁紙の状態を聞いただけでは
素直に教えてくれる人はいませんから、
違う反応にさせることも出来るようになります。

このように相手の事をほめてあげることで
小さな問題点まで教えてくれるようになり、

「どうしたらいいのかな?」と言う言葉まで
出させることも可能になるのですから、
試して見る価値はあると言うことです。

コツとして相手のホンネを知りたい時は、
相手を気持ち良くさせるような雰囲気を
作ることがポイントです。

そうすれば見込み客を見つける事も可能になりますし、
結果を出すことも容易になるからです。

そのためにも相手をどんどんほめて
気分を持ち上げてあげて行きましょう。

それで契約に繋がるのでしたら、
言葉は使い方次第で応用すれば良いのです。

どうぞ、お試しください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


新規開拓に効果的な方法、それは「相手が答えやすい工夫」をすると結果も変わる

2017/11/11 13:13
新規開拓する時に効果的な方法として
相手が答えやすい工夫をすることにより、
結果も変わってくることがあります。

例えば営業で必要なスキルのひとつに、
質問する「工夫力」があります。

質問することで相手と会話を続ける事も
簡単に出来るようになるのですから、
如何に工夫するかが大事ですよね。

そこで質問力のひとつとして、
相手に「何気なく答えさせる・・・」
そんな工夫をすることです。

ただし、直接直球的な質問をすると
返答をはぐらかされてしまいますから、
そこは注意が必要です。

たとえば相手がどこの保険会社に入っているのか?
その確認するために質問をしたいとします。

まずは「失敗例」からご覧下さい。
……………………………………………

営業「今、どちらの保険に
   お入りなんですか? 」

相手「そうね〜
   ずいぶん前に入った保険だし、
   何社もあったからどこだったかな〜」

……………………………………………

と言った感じになると
そこで会話が途切れてしまいますから
次の質問もしづらくなります。

そこで周りから囲い込むような質問をすると
相手も自然と答えてくれるようになりますから、
次のような感じで試して見ては如何でしょう。

こんな感じです。
………………………………………………………

営業「保険に入ったのは
   ずいぶん前のことでしょうから
   あまり記憶されていないと思いますが、
   担当の方はその後も来ていますか?」

担当「そうね〜
   そう言えば最近来ていないですね、
   契約の時は何度も来ていたのに
   それ以来来ていないかも・・・」

営業「そうなんですね、
   担当する方にもよりますし、
   退職される方も多いので色々ありますからね、
   私の場合はそのようなことは無いですから
   心配ないですよ。

   そうしますと
   以前と今では状況が変わっている事もありますので、
   保険について気になるようなことがあれば
   見て差し上げますのでいかがですか、

   もちろん、
   保険に入って下さいと言う事ではありませんから、
   ご安心ください。

   たとえば(   )についてはご存知でしたか?」

…………………………………………………………

と言ったように
周りから囲い込むような質問を入れると
相手側も自然と答えやすいですし、
思わず本音も聞くことが出来るようになります。

このように質問ひとつ取っても
相手から答えを引き出す内容が違うのですから、
いかに質問力が大事であると言うことが
お分かり頂けると思います。

あなたも質問を工夫しながら
相手の本音を引き出して見ては如何でしょう。

その質問をどうすればよいのか分らない、
あるいはテレアポや飛込み訪問の方法を知りたい、
さらに新しい営業方法を使って見たいと言う方は
こちらにも「最新の営業ノウハウ」がありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


営業で成功する秘訣、それは「このような考え方」を持つこと

2017/11/06 07:14
営業で成功する人と
しない人の違いはどこにあるのか、
あなたはお分かりになりますか?

何も難しいことではありません。

目標に向かって
最後まで継続して営業をしているか、
それとも途中で止めているかの違いです。

目標に向かって最後までやり遂げるには
それなりの強い意志と粘りが必要ですが、
それが続かないと言うのが現実です。

なにしろ冷たい断わりやガチャ切りも多く、
挙句には居留守を使われることもあって
見込み客を見つけるどころか話しすら出来ずに
ただ時間だけが過ぎて行くと言うのが
現状だからです。

ゆえに、
営業で成功するための秘訣は、

「どれだけ相手から断わられる件数を
気にせず受け続けることが出来るのか・・」

と言ったところに掛かって来ます。

そこで、あなたが目標達成をしたいと思うのならば
やることはただひとつです。

たとえ辛い断わりを受けようが、
それは契約を貰う前の段階に過ぎないのですから、
なにも気にする必要は無いと思うこと。

さらに、断わりを受けると言うことは
契約してくださる人にまた一歩近づくと言う
ひとつ前の段階になるのですから、

断わられても前を向いて突き進めて行けば
契約してくれる人に出会えると言うことです。

その証拠にあなたの周りにいる他の営業マンも
契約を取っていますよね。

それだけ契約してくれる人がいる・・・
と言う証拠です。

さらに、営業する市場は
あなたが思っている以上にあります。

営業するターゲットに境界線を引かなければ、
狙える市場は限りなくあると言うことです。

広い視野で周りを見渡すことで
営業する先はたくさん見つかるのですから、
たとえ断わられたとしても他に営業するところは
たくさんあるのだから大丈夫だと、
そう思えば気にすることもありません。

さあ、これで遠慮なく営業することが出来ます。

あなたの話しを聞いてくれる方に出会えるまで、
どんどん行ってください。

他の方に契約が取れて、
あなたに取れない理由なんてないからです。

あきらめずに営業を続けていれば
必ず契約してくれる方がその中に隠れていますから、
それをあなたが見つければ良いのです。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓で見込み客が出来ない・・・
テレアポや飛込み訪問で結果の出る方法を知りたい、
自分に合った営業方法を使って見たいと言う方は、
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

メルマガ登録・解除
テレアポ・飛び込み訪問、初心者でも出来る営業方法
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
心理学を応用したテレアポ、飛び込み訪問です。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる