アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
心理学を応用したテレアポ、飛び込み訪問です。
ブログ紹介
テレアポ、飛び込み訪問で悩んでいるあなたへ。
断りの連続で辛いという方のために、「心理学」を応用した
最新の営業テクニックを用意致しました。
アポや契約が取れないのは、あなたの責任ではありません。
取れる見込みの無いやり方をしていたからです。
でも、これからは大丈夫です。
そんなあなたの為に、解決するノウハウがここにあるからです。
zoom RSS

新規開拓に使える「新しい営業方法」それも電話の営業に代わる方法

2018/04/09 02:00
新規開拓で必要な営業方法と言えば、
誰もが知っているテレアポがあります。

事務所に居ながら
電話で営業することが出来ますし、
その場で見込み客はもちろんのこと
契約をいただくこともありますから、
時間の効率面から言っても
有効な営業方法です。

ですが、
たとえば保険営業の場合、
会社によっては電話での営業を制約したり、
あるいは全面禁止するところもあって
窮屈な思いをしている営業マンが
いることです。

電話での営業が出来ないと言うことは
他の方法で営業するしか無い訳ですが、
そう簡単にいかないのは目に見えて
います。

なぜなら、紹介営業や訪問営業、
さらにDMは書面の審査が必要ですから、
自分で作るのは制限されているからです。

それにどれも似たような営業方法ですから
どうやって営業すればよいのか・・・
と悩んでしまいますよね。

そこで電話での営業に代わる、
いいえ、それ以上の効果的な方法で
見込み客を開拓することが出来る
そんな方法があるとしたら・・・

あなたも試して見たいと思いませんか?

その効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって見て下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あれだけ嫌だった飛び込み訪問が何度でも気軽に出来るようになる方法

2018/04/05 07:17
飛び込み訪問は断られることが多いため
モチベーションや気力も萎えて来ますが、
あなたの場合はいかがでしょう?

そんな嫌になる飛び込み訪問ですが
あなたでも気楽に出来る方法がありますので、
その方法をご紹介したいと思います。

まずは飛び込み訪問の多くは
断わられるのが決まっているのですから、
その断わりをしっかりと受け止めてあげます。

自分のためではありません、
相手のためにです。

こんな感じです。
……………………………………………………………

相手「今のところ必要ないです、」

営業「そうですよね、
   今のところは必要ないですよね、 ←ここで断りを受け止めてあげます。

   分かりました。

   それでは次の機会がありましたら
   わたくし(  )会社の(  )と申しますので、
   その時は宜しくお願い致します。

   ありがとうございました、
   失礼致します。 」

……………………………………………………………
と言いながら、
一旦その場を後にして次の訪問先へと向かいます。

この繰り返しが出来ればもう恐いものはありません。

なぜなら、
たとえ今回断わられたとしても、
日を改めて何度でも訪問することが出来るからです。

それに今は必要無いと言われても
相手の気持ちが変わることもあるのですから、
タイミングが合えばOKと言うこともあるからです。

そう言ったケースにさせるためにも、
何度でも訪問をすることが大事なんですね。

断わられても嫌な顔をせずに
爽やかに訪問して行きましょう。

そうすれば結果も付いてきますよ。
どうぞお試し下さい。

あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって見て下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓で困っている方へ、テレアポや飛び込み訪問以外で新規開拓できる方法

2018/03/27 08:06
新規開拓の営業していると
色々と悩む方も多くいらっしゃいます。

たとえば会話が苦手だと言う方や
口べたで飛び込み訪問が出来ないと言う方など
人それぞれの理由で悩むこともある訳ですが、

その悩みが考え方ひとつで解決できるとしたら
いかがでしょう、

今回も新規開拓の営業で悩んでいる方に
参考になる考え方をご紹介したいと思います。

まずは営業が苦手だと思う意識を克服するには
意識改革をすることです。

今まで悩んでいたことに対して
出来なかったことを改善して行く訳ですから、
当人にしては気が重い話しですよね。

そこで考え方です。

今やっている営業の目的は
新規獲得や成績をアップさせることですから、
テレアポや飛び込み訪問をするのが
目的ではありません。

あなたの目的は新規獲得することであって、
テレアポや飛び込み訪問することでは無いと
言うことです。

最終的に目標に到達すれば良い訳ですから、
何も苦しんでいる方法に固執しなくても
いいと言うことになりますよね。

ここがポイントです。

あなたが苦しんでいる営業方法以外でも
その目標を達成すれば良い訳ですから、
違う方法を活用して実践すれば良いのです。

出来ない方法に固執するのでは無くて、
自分が出来る方法で達成できるのであれば
今まで以上に行動出来るようになります。

そんな営業で苦労している方へ、
従来のテレアポや飛び込み訪問以外で
新規獲得できる方法がありますので
あなたも試して見てはいかがでしょう。

その詳しい営業方法を知りたい方は
こちらの内容をご覧下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


相手から「その話を聞きたい」と言わせるテレアポトークの工夫

2018/03/21 20:54
テレアポするとほとんど断わられると言っても
過言ではありません。

それだけ同じような電話がかかって来ますし、
色々なセールスの電話もかかってきますから
電話を受ける側も拒絶するのは当然なことです。

そうするとテレアポする側は
何とかアポイントや見込み客を見つけるためにと
あらゆる工夫をして話しを聞いて貰えるように
必死に電話をかけてきます。

その繰り返しになる訳ですから、
電話される側はたまったものではありません。

たとえばこんな電話がかかってきたとします、
………………………………………………………………
営業「今の(    )よりも性能が良くなっておりますし、
   金銭的にも負担無くできるようになっていますので
   この機会に(    )を見直して見ませんか? 」
………………………………………………………………

このような感じで一方的に言われても、
何度も聞かされている話しですから断わって来ます。

なぜなら、
電話されている側が受け身の状態だからです。

受身=警戒と言う図式です。

つまり、相手の気持ちが受け身のままですと
いくら上手いことを言っても話しに乗ってきませんし、
反対に話しをされればされるほど相手は引いていきます。

それだけ警戒心が続くと言うこともありますし、
面倒だと思う気持ちが頭の中で一杯になるからです。

では、どのようにしたら話しを聞いて貰えるのか?
と言うことになる訳ですが、

それは相手の気持ちを
受け身から「乗り気」にさせることです。
(乗り気とは興味を持った状態です。)

そこで、相手に乗り気にさせる工夫です。

たとえば「今までの話しとは違う、」
と言った印象を与えるようにします。

今までのテレアポは
……………………………………………
・アポを取りたい、
・話しを聞いてくれる人を見つけたい、
……………………………………………

と言った気持ちが強かったために
一方的に話しを押し付けてしまい拒絶されていました。

自分の欲求を通そうとするから
断られていたのです。

そこで「解決方法」です。

今まで嫌われていたのは
自分の欲求を通そうとしていたからなので、
これからは「相手の欲求」を引き出すようにします。

相手の欲求とは
「その話しを聞かせて欲しい」と言った
状態にしてあげることです。

…………………………………………………………
相手に乗り気にさせてさらに欲求を満たしてあげる。
…………………………………………………………

これの繰り返しが出来れば成功したのも同然です。

今までは何とかしてアポを取ろうとしていた為に
入り口の段階で断わられていました。

しかしこれからは違います。

相手から「その話しを聞かせてほしい」
と言わせることが出来るのですから。
活路を見い出すことも可能になるからです。

どうぞ、あなたも「その話しを聞かせて欲しい」
と言わせる工夫をして見てはいかがでしょう。

その工夫が出来れば
違った結果を残すことも可能になります。

どうぞ、お試し下さい。
あなたの健闘をお祈りいたします。

その工夫をそうすればいいのか知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践で使える営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新のノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


飛び込み訪問のインターホントーク、この工夫ならドアを開けてもらえる

2018/03/12 07:54
新規開拓で飛び込み訪問をしていると
ほとんど話し途中で断わられることが多く、
先に進まないので困っている方も
多いと思います。

特に個人宅への飛び込み訪問は
インターホンで簡単に断わられることが多く、
見込み客すら出来ないと言うのが現状です。

そこで、相手の断わりを回避するには
インターホントークを工夫するしかありません。

どのように変えたら良いのかと言うと、
相手の聴く耳を工夫する方法があります。

なぜ聴く耳かと言いますと、
同じ営業でも「違う話しかも?」と思わせることで
ドアを開けさせることが出来るからです。

たとえば今までのトークは
自分の商品を伝えたいと思う気持ちが強かった為に
必死に訪問理由を説明していたと思いますが、
相手にして見れば「また売り込みの話しか」
となっていました。

誰も「営業=売り込みの話し」は聞きたくないので
すぐ断わっていたのです。

つまり、訪問して来た人があなたでなくても
売り込みになるような話しは聞きたくないのです。

では、どのようにすれば話しを聞いてくれるのか?
と言うことになりますが、

たとえば今までのパターンはこんな感じでした。
……………………………………………………
「今回(    )地区の皆様に
お役に立てる(   )をご案内しておりました。
すぐ終わりますのでお願いしま〜す。」
……………………………………………………

と言った感じで話していたと思いますが
それでは相手にして見れば
「また営業の話しか」となっていました。

そこでちょっとした工夫です。

こちらのトークをご覧下さい。
     ↓ ↓ ↓
…………………………………………………………

「今回(   )地区の皆様に
△△に役立つ(   )をご案内してました。

ただ、今回提供できる方と
できない方がおりまして、

すぐ終わりますので
確認だけお願いしま〜す! 」
…………………………………………………………
と言った感じで
確認して欲しいので来たと言う入り方です。

「何か確認?」
と思わせてちょっと考えさせるような工夫を入れると
ドアを開けてくれる方も増えます。

一方的に話しをしてしまうトークでは
相手側も聞くだけで面倒になりますから、
後はどうやって断わろうかと考えるだけです。

その考えを無くすには、
「確認しないといけない?」と相手に思わせる工夫で
何となく出て来させるようにすることです。

今まで相手が話しを聞かずに断わっていたのは、
あなたが一方的な話しをしていたからです。

それを無くすためには
相手に参加させる工夫をすれば良いのです。

それによって今までと反応も変わって来ますから、
これまでと違った結果=契約を出すことも可能に
なると言う訳です。

どうぞ、参考にしてください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたいと言う方は
こちらにも営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3月中に営業成績を出したい方へ、この「営業手法」なら結果を出すことができる

2018/03/09 19:45
3月中に営業成績を出したい方へ、

結果につながる新しい営業手法として
見込み客の開拓やインターホン攻略に役立つ
ノウハウ集をご紹介したいと思います。

まずはあなたも
新規開拓で思うような結果が出ないのは、
自分に営業能力やセンスが無いからだと
思っていませんか?

他の人は結果を出しているのに
自分は出ていない・・・

自分のやり方がダメなのか、
それとも自分に営業能力が無いからか・・・

このように結果が出ないのは
自分に営業能力やセンスが無いからだと
思っている方が多いと言うことです。

ですが、そんなことはありません。

普通に社会生活を送っている方なら
誰にでも結果を出せる力はあるからです。

そもそも結果が出ないのはなぜなのか?

その原因がどこにあるのか、
あなたはお分かりになりますか?

それは結果を出すための
最善の方法を知らなかった・・・

それだけのことです。

効果的な方法を知らずに営業しても
結果が出ないのは当然です。

実際、あなたが行なっているやり方で
満足な結果が出ていないと言うのであれば、
それはまだ効果的な営業をしていないと言う
結果のあらわれです。

もっと良い方法があるんじゃないのか?
もっと違う入り方をすれば上手く行くんじゃないのか?
あなたもそう思っているはずです。

そこで効果的に出来る「営業手法」です。 

・インターホンを攻略する方法、
・受付や事務員を攻略する方法、
・テレアポで上手に会話できる方法
・飛込み訪問で話しをすることが出来る方法、
・ダイレクトメールで反響を得られる方法、
・ファックスだけで見込み客を集める方法、
・紹介だけで新規客を増やせる方法、

▼さらに、
 保険の営業で使えるノウハウもあります。
…………………………………………………………
・保険の営業にも使える「手紙DM」で会話が広がる
・保険のテレアポ切り返しに使える営業ノウハウ集
・クリニック・法人関係にアポイントを取る営業トーク
・保険の営業で使える案内状「通販型の保険を題材」
・保険の営業に役立つ「相談メールの回答例」
・飛び込み訪問用に使える「営業チラシ」
・損保営業のスプリクト・レターの添削実例集
・有料メルマガより全投稿ノウハウ集をプレゼント♪
・62円で送れるミニレターの現物
…………………………………………………………

このような営業ノウハウを活用することで、
あなたの営業成績をアップさせることも可能になります。

あなたも2月中に結果を出したいと思っているならば、
即効性のある営業方法を試して見てはいかがでしょう。

3月末日までに目標達成することも夢ではありません。

そこでどのような営業手法なのか、
詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


テレアポが苦手だと思っている方へ、この方法なら気軽に電話できるようになる

2018/03/07 01:08
新規開拓でテレアポが苦手だと言う方は
たくさんいらっしゃいます。

何度電話しても断わられることが多く、
まともに話しを聞いてもらえないからですが、

そもそもテレアポの目的は、
商品やサービスの必要性を理解してもらい、
そして詳しい内容については
会って話しをしましょう・・・

と言った約束を取り付けることですが、
相手にすれば話しを聞いたら契約させられる?
と思ってしまうので断ってきます。

すぐ電話を切られるために
テレアポが苦手だと言う方が多いのです。

そんなテレアポが苦手に思っている方に、
気軽に出来る方法があります。

基本的にテレアポは
断わられることについて避けて通ることは
出来ません。

断わられるたびにな思いを引きずることが多く、
電話する気力も無くなってしまう訳ですが、
そこで考え方の発想です。

電話をするのは自分ですが、
話しをするのは商品やサービスを勧める
その道のプロのアドバイザーがしている・・・
と思って電話をします。

すると断わられたのは自分ではなく
電話をしたプロのアドバイザーなのですから、
話しを聞く聞かないのは相手次第だと
思えば良いのです。

このように電話をする意識を変えるだけで
何件断わられても気にすることはありませんし、
苦痛に思うこともありません。

なにしろ断わられているのは自分では無いからです。

このように考えれば気軽に電話出来るようになりますし、
苦痛に思うことも無くなりますのでもう大丈夫です。
どんどん電話して見てください。

今以上にアポイントが取れるようになりますよ、
どうぞお試しください。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


飛び込み訪問で苦労している時、この入り方なら断わられること無く『見込み客』を作ることが出来る

2018/02/23 12:10
飛込み訪問で辛いのは
せっかく訪問しても留守や不在であったり、
居たとしてもインターホンで簡単に断わられてしまい
見込み客を見つけることが出来ないことです。

これではさすがに足取りも重くなります。

では、飛び込み訪問で見込み客を見つけるには
どのようにしたら良いのか?

そんなお困りのあなたに
飛び込み訪問で使えるちょっとしたコツを
ご紹介したいと思います。

まずは、すべての訪問先に
初回から商品の売り込みをしないこと。

たとえば今までの訪問は
訪問した先すべてに自分の勧める商品の話しをして
何とか契約に結び付けたい、見込み客を作りたい、
と必死になっていたと思いますが、

それでは訪問される側にして見れば
そんな面倒な話しには付き合っていられない・・・
と言うことでお断りされていたのです。

なにしろ「売り込まれる」と感じてしまえば
誰でも警戒するし断わりたくなるからです。

そこで初回にする訪問の仕方は
今の相手に対してそのまま売り込むのでは無くて、
それを使って喜んでいる未来の自分が見えるように
そして幸せになって生活しているイメージが見える、

そんな素晴らしい未来を手に入れることが出来ると
思わせるようにすることです。

そうすれば相手の反応を変えることもできます。

ご存知のように初回から商品の売り込みをしても
「必要ないです」と簡単に拒絶されてしまうので、
営業する側も辛い思いをするだけです。

訪問した先々で断わられるのですから、
営業するのも嫌になってきますよね・・・

ですので、初回にすることは
そのまま商品の売り込みをするのでは無くて
それを手に入れることによってどれだけ変わるのか、

自分の未来がどれだけ素晴らしいものになるのか?
それを教えてあげればよいのです。

今までのように嫌がられる訪問では無く、
相手からその商品についてもっと詳しく教えてほしい
と言わせるようにしないと聞いてくれる人はいません。

あなたも飛び込み訪問で苦労しているならば、
今回のような相手の意識を変えてあげる入り方を
試して見てはいかがでしょう、

きっと今まで以上に効果の違いに驚きますよ。
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あなたも新規開拓で「この営業方法」を実行するだけで、3日で結果を出すことができる

2018/02/19 08:00
新規開拓で苦労しているあなたに、

見込み客を見つける方法や紹介客を得る方法、
そしてインターホンの攻略に役立つ方法など
結果につながる営業手法があります。

たとえば新規開拓で思うように結果が出ないのは
今のやり方がうまくいっていないために
断わられる件数が多く先に進まない・・・
と言うのがあることです。

他の人は結果を出しているのに
自分は出ていない・・・

このように自分だけ結果が出ないのは
自分に合った営業方法を行なっていない、
あるいは相手の興味を引き付けるトークが
まだ出来ていないと言うことが原因ですから、
そこを変えることで結果を出すことも可能になります。

では、自分に合った営業方法とはどんな方法なのか、
どうすれば結果を出せるようになるのか?

そこの部分を知る方法として、
今までの概念にとらわれずに何でも取り組む
姿勢が必要です。

今までの行動を思い返してください。

ほとんど断わられることが多くて、
次のステップに進む案件が少なかったはずです。

これでは契約になる件数も少ないのは当然です。

ですので効果的な方法を知らずに営業しても
結果が出ないのは明白なのです。

実際、あなたが行なっているやり方で
満足な結果が出ていないと言うのであれば、
それはまだ効果的な営業をしていないと言う
結果のあらわれです。

そこで効果的に出来る営業手法です。 

・インターホンを攻略する方法、
・受付や事務員を攻略する方法、
・テレアポで上手に会話できる方法
・飛込み訪問で話しをすることが出来る方法、
・ダイレクトメールで反響を得られる方法、
・ファックスだけで見込み客を集める方法、
・紹介だけで新規客を増やせる方法、

この他にも効果的な営業手法がありますので
今すぐに結果を出さないと後が無いと言う方は
こちらをご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓の営業で結果が出ない時、このような工夫すると「目標達成」も楽に出来る

2018/02/18 11:39
新規開拓の営業で苦労するのは、
思うような結果が出ないことに対する焦りや
モチベーションを維持するのが難しいことです。

そこで心理面の強化です。

テレアポや飛び込み訪問でも
思うような結果が出ないと言う時は、
心理面を変えるのが効果的です。

そこでどのように変えるのかと言うと
小さな成功を積み重ねる工夫をします。

皆さんも目標を持って行動していると思いますが、
その目標設定する目線を変えます。

たとえば今までの目標は
設定した目標を達成することを重視していましたが、
一旦つまづいてしまうとその目標が遠く感じられ、
やる気が失せると言うのがありました。

これが目標達成を辛くしている要因です。

そこで小さな成功を積み重ねる考え方です。

小さな成功ですから、
ホンの目先の目標でかまいません。

その目標を確実にこなして行くことで
「これで一歩前進した、やれば出来る!」
と言った自信が自分の中に生まれます。

そうするとまた次の目先の目標を設定して、
それをクリアするまで行動するようにすれば
自然と達成できるようになります。

つまり目先の目標をクリアすることによって
自分に自信が付いてくるようになりますから、
その自信をいくつも積み重なることによって
最終的な目標を達成させる原動力になると
言う訳です。

何事も「自信に勝る良薬」はありません。

その自信の根拠となるものを
大きな目標ではなく目先の目標を達成して、
充実感を植え付けさせて行けば良いのです。

この考えならばどんなことでも克服できます。

他の人に出来て自分に出来ないことは無いのですから、
どんどん前に進んで行きましょう。

あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


テレアポでアポが取れない時、「最初のアプローチ」を工夫すると相手の反応も変わる

2018/02/16 12:51
テレアポで苦労するのは
話し途中で電話を切られることが多く、
思うようなアポイントが取れないことです。

その理由としては毎日のように
テレアポや営業電話がかかってくるだけに
誰しも聴く耳を持たないのが原因だからです。

そんな状況であっても
1件でも多くアポイントを取らないことには
営業成績を上げることは出来ませんから、
そこはなんとかしなくてはいけません。

そこでテレアポする時のコツですが、
最初のアプローチ段階で興味あるかどうか?

そこの部分が分かれば良いのですから、
自分の商品やサービスを売り込むのではなく、
相手に必要かどうかを確認する・・・
と言った形で攻めて見てはいかがでしょう。

たとえば今までのテレアポは商品を売りたいために
その商品が持つメリットを説明して来ましたが、
それでは誰も素直に話を聞いてくれません。

なぜなら話しを聞いたら売り込まれる・・・
と分かっているからです。

そこでこれからのテレアポは
次のような流れで反応を見るようにします。

「( 商品・サービス名 )について
確認したいことがありまして電話しました。
すぐ終わりますので宜しくお願いします。」

と言った流れで話しを持っていくと
そのまま会話を続けることも出来るようになります。

なぜなら今までの電話とは違い、
「確認とは一体何のことだろう? 」
と思わせることが出来るからです。

あとは話しの流れで
会話を続けることもできるようになりますから、
最初から電話を切られることも少なくなります。

そしてその後も会話が続いたら
売り込みの電話だと思わせないようにしながら
話しのストーリーを組み立てるようにします。

これでアポイントが取れるようになります。
どうぞ参考にして見てください。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

      
  
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓で事務員から断わられる件数が多くて困っている方へ、これなら社長まで話しを通してくれる

2018/02/13 12:35
新規開拓していると困るのが、
「今のところ間に合っているので」
「今忙しいので今度ね」
「代えたばっかりなんだよね、」

と言ったような感じで
簡単に断られてしまうことです。

それも用件を出して話を進めようとしても
それ以上関わろうとしない状況ですから、
また断わられたと言う結果に落ち込む方も
いらっしゃいます。

その「断わられた」と言う
結果を引きずりながらその場をあとにしてしまうと、
嫌な思いだけが残ってしまいます。

そんな嫌な思いを引きずらないためにも
相手の断りから次の展開につなげることが出来る
そんなコツをご紹介したいと思います。

まずは会社訪問でよくあるパターンです。
………………………………………………………

営業「こんにちは、
   (   )会社の(  )と申しますが、
   お世話様です。


   (      )について、
   社長様にご案内したいと思いまして
   お伺いしました。
   社長さんいらっしゃいますか? 」

事務「その話なら間に合ってますので・・・」

営業「そうですか〜 わかりました。
   それではまたお伺いしたいと思います。
   失礼しました・・・ 」

………………………………………………………

と言った感じで終わってしまうと
「ああ〜また断られた・・」と言う状態ですから、
後味も悪く落ち込むような終わり方です。

そこで、
相手の断わりがあっても次につながるトークです。
………………………………………………………

事務「その話なら間に合ってますので・・・ 」

営業「そうですか、
   今のところまだ間に合っていると言うことですね、
   わかりました。
   (相手の断りを一旦受け止めて安心させます。)

   ところでわたくし共では、
   色んな会社と取り引きしておりますので、
   社長さんや御社の仕事先に対しても
   お役に立てる情報をご紹介出来ると思います。
   そのような場合ご迷惑になりませんか?

   たとえば、
   こう言った情報もあるんですが・・・ 」

…………………………………………………………

と言った話しを切り出すことによって
事務員が受ける印象も変わって来ますし、
次につなげる終わり方をすることも出来ますから、
社長まで話を通してくれることも
期待できるようになります。

今までは
「また売り込みの話しか、
社長から断わるように言われているから
間に合っていると言えばいいか・・・」

と言った感じで断わられていたかも知れませんが、
いかに相手の興味を引き出すことが出来るかで
会話を続けられるチャンスが増えるのですから、
断わりは断わりのままでは終わらせない・・・
と言った工夫が大事なのです。

次につなげる訪問をすることが
結果を残すためにも必要なポイントです。

どうぞ今回の内容を参考にして下さい、
あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓で結果が出ない方へ、この工夫なら継続して契約を取ることができる

2018/02/08 13:33
皆さんも営業目標に向かって
日々努力していると思われますが、
実際、思うように行かないケースも
よくあります。

訪問しても冷たく断わられ、
電話をしても話しを聞いてもらえない、
本当に契約できるのだろうかと
思い悩むこともありますよね。

ですが、同じ営業をしているのに
結果が出る人と出ない人がいます。

なぜ結果が違ってくるのか、
あなたはお分かりになりますか?

それは営業マンの能力に寄るものでは無くて
行動量の違いによるケースが大きいと言う
ことです。

確かに営業トークの差もあるでしょうが
商談した全ての人が契約する訳ではありませんし、
その中にいた見込み客から契約になる訳ですから
その見込み客の数を大きくしないことには
契約数も増えません。

皆さんもその見込み客の数を増やすために
テレアポや飛び込み訪問をしている訳ですが、
当然キツイ断りや居留守を使われることもありますし、
相手にされないこともあります。

そうすると営業マンによっては訪問件数が少なくなったり、
仕事をしないでサボってしまう方も出て来ます。

これが営業マンの能力に寄るものでは無くて、
行動量の違いによるケースが大きいと
説明した部分です。

ではどのようにしたら良いのかと言いますと、
それは何と言っても「見込み客の総量」を
大きくすることが必要です。

当然その中には契約につながるAランクも入っていますし、
すぐ決まらずに時間かかるBランクであったり、
自然消滅するCランク以下のものも
含まれています。

ですが一番大きなポイントになるのは
気持ちに余裕が生まれることです。

たとえば抱えている見込み客の1人と契約が出来なくても、
「まだ他にも見込み客はあるのだから
 何も心配はいらない、」

と言ったように
「心理的なゆとり」が生まれます。

今までの不安や悩みと言うものは、
その商談が上手くいかなかったらどうしようとか
これだけは失敗出来ないと言ったように
プレッシャーから気持ちに余裕も無くなり、
焦りから次第にやる気も失せてしまうことに
ありました。

それらを払拭するには
失敗に恐れない心に余裕を持つことが
大事なのです。

ゆえに営業で成功する人は
営業マン自身の能力に寄るものでは無くて
行動量の違いによるケースが大きいのですから、

あなたも結果を出し続けたいと言うのなら、
ランクに関わらず見込み客の数を増やすために
今まで以上に行動量を増やしてください。

そうすれば必然的に結果を出すことは
可能になりますよ。

どうぞお試し下さい、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにもノウハウがありますので、
ご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規契約件数を増やす方法は相手にこんなイメージをさせること

2018/02/05 13:41
相手が契約したいと思う時はどんな時か、
あなたはお分かりになりますか?

その商品がほしくなったから?
またはそのサービスが必要になったから?

もちろんそれ意外にも理由は色々ありますが、
実は大きな決め手は違うところにあります。

それはその商品やサービスを使って喜んでいる
未来の自分の姿が見えた時です。

それを使って喜んでいる姿が思い浮かぶ・・・
そのサービスを受けることで充実した生活が
送っている自分の姿が見える・・・

そんな未来の自分が手に入ると思えば、
それを使って見たいと思えるようになります。

ここがポイントです。

あなたも契約を取りたいと思うのならば、
相手に喜んでいる未来の姿を見せることで
契約したいと言わせることも可能になると
言う訳です。

そうすれば今まで苦労していた
新規契約も増えること間違いありません。

どうぞお試しください。

その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考に出来る営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓で結果が出ない時、この方法なら新規件数を増やすことが出来る

2018/01/31 09:52
あなたもこのような悩みを持ったことは
ありませんか?

営業成績が伸びないので悩んでいる・・・
新規件数が少ないので落ち込んでいる・・・
他の人よりも営業能力が劣っているかも・・・

いかがですか、
このような悩みを解決出来る方法があるとしたら、
あなたも試して見たいと思いませんか?

そもそも他の人と比べてしまうのは
自分に自信が無い時に見られる傾向ですから、
その自信を変えるようにすれば解決します。

たとえば営業成績が悪いと言うのは、
それだけの行動しかしていないことが多いので
もっと行動量を増やすことで解決出来ます。

新規件数が少ないと言うのも
見込み客の件数が少ないと言うのがありますので、
もっとアプローチを増やすことで解決します。

そして営業能力が劣っているかも知れないと言うのは、
今まで以上に行動量を増やすことで変わりますから、
営業能力を向上させることは可能です。

つまり
・営業成績が悪い、
・新規件数が少ない、
・営業能力が無いと言う悩みは、

自分が行動している件数の中だけで
自分で勝手に決めつけているだけですから、
もっと可能性はあると言うことです。

やるべきことはただひとつ、
行動量を増やすことに全力をあげることです。

そうすれば
今まで以上の結果を残すことも可能になりますし、
悩んでいたことも小さなことだと思うように
なるからです。

今までは少ない件数の中で決めていました。

これだけの結果しか出ないのは
自分に能力が無いからだと・・・

しかし、これからは違います。

やればやった分の結果は必ず付いてくるのですから、
ただひたすら行動量を増やせば良いのです。

結果は自分が動いた後に付いて来ます。

ですので結果が欲しいと言うのであれば、
今すぐ行動してください。
明日からではなく今すぐです、

それが結果の出る最善の策です。

でも、行動するにはどうすれば良いのか知りたい、
あるいは新規開拓に使えるテレアポや飛び込み訪問など
実践で使える『最新の営業ノウハウ』を知りたい方は
こちらをご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓の「飛び込み訪問」で成功する秘訣は、最初の入り方をこのようにすること

2018/01/22 20:58
飛び込み訪問で苦労するのは
最初の入り方をどのようにしたら良いのか?
どうすれば話しを聞いて貰えるのか?
と言った部分です。

なにしろ最初の一言で断わられてしまうのですから、
最初の入り方を工夫しないことには
先に進まないからです。

ですが、
何も考えずに勢いだけで訪問してしまうと、

・今忙しいので後にしてください、
・その話しなら必要ないから、
・今のところ間に合っているので・・・
・けっこうです!

と言ったように、
お決まりの断わり文句を言われて
おしまいです。

そこで入り方の工夫です。

今までの入り方と言えば、
………………………………………
新しい情報が入りましたので、
ご紹介するためにお伺いしました、
………………………………………
(  )のご挨拶でお伺いしました、
………………………………………

と言ったような感じで
あなたも訪問していたと思いますが、
これでは良い結果を残すことは出来ません。

そこで、ワンポイントです。

今までの営業は
一方的な話しを押し付ける印象を与えていたので、
お断りされるケースが多かったはずです。

そこで、これからの入り方ですが、
相手が興味あるかどうかを確認すると言った、
「確認トーク」で攻めて見てははいかがでしょう。

たとえばこんな感じです。
…………………………………………………

今回(   )について、
皆さんに確認したいことがありまして、
お伺い致しました。

もちろん、(   )については、
もう少し内容を知りたいと言う方にだけ
説明しておりましたので、
ご安心下さい。

そこで、こちらの(   )なんですが、
あまり知られていない(   )もあるんですが、
ご存知でしたか? 」
…………………………………………………

と言ったように
相手が興味あるかどうか確認するだけで
冷たく断られる件数も少なくなります。

さらに、質問をはさむのもコツです。

今までは話しを聞いてくれそうな相手には
ここぞとばかりに説明して来たと思いますが、
それでは相手にして見れば引いていくだけで
結果を残すことはできません。

そこで話しを続けるコツは、
「相手にしゃべらせること」です。

事前に質問内容を用意して置いて
返答を貰うようにします。

そうすればスムーズに話しを続けることも出来ますし、
結果を出すことも出来るようになるからです。

どうぞ、あなたもお試しください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考になるノウハウを探している方は
こちらをご覧下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓で法人営業する場合、受付や事務員を攻略して社長までつないで貰える工夫(証券営業編)

2018/01/19 21:55
証券営業で会社訪問する時にネックとなるのは
受付や事務員の存在です。

これは証券営業に限らずどの営業でも同じですから、
いかに受付を攻略するかがポイントになります。

たとえば一般的な受付はこのような感じです。
…………………………………………………………

営業「お世話様です、
  (  )証券の(  )と申しますが、
   社長様はいらっしゃいますか? 」

受付「お約束は取っていますか? 」

営業「いえ、この地区を担当することになったので
   ご挨拶にお伺いしたのですが・・・ 」

受付「お約束が無いと取り次ぎできませんが、」

営業「そうですか・・・
   それではこちらの資料だけ渡してくれますか、
   後で連絡しますので宜しくお願いします。
   失礼しました・・・ 」

…………………………………………………………

いかがですか、
今までのパターンはこのような感じで
終わっていたと思います。

これではいつまでたっても社長と会うことは出来ません。

そこでこちらのトークです。
      ↓ ↓ ↓
…………………………………………………………………

営業「お世話様です、
  (  )証券の( )と申しまして、
   今日はお約束ではないんですが、
   御社の業績アップにつながる新しい情報が出ましたので
   そのお知らせを社長様にしたいと思いまして
   急きょお伺いしました。
   時間はかかりませんので社長様お願いします。」

受付「少々お待ち下さい。」

…………………………………………………………………
と言ったように、
このような入り方であれば
次の展開に持ち込めることも可能になります。

ポイントは、
相手に有益な話しであると思わせることで
断られなくすることです。

それが、
「業績アップにつながる情報」と言った言葉です。

自社の業績つながる情報なら
受付や事務員サイドで判断することが難しいだけに、
担当者までつないでくれることも期待出来るからです。

そして、
新しい情報についての収集をする場合は、
色んな業種に使えるものをインターネットから
いくつか抜粋して1枚の紙にまとめておけば、
いつでも渡せることが出来ます。

このように相手に何らかの情報を与えて
自分が役立つ存在として認めさせることが出来れば、
第一関門は成功したのも同然です。

仮に今回会えないとしても、
相手に役立つ情報を置いてくることによって
次の訪問もしやすくなるからです。

あなたも受付でいつも断られているような場合は、
参考にしてみては如何でしょう。

その他、効果的な営業トークを知りたい、
あるいは新規開拓や飛び込み訪問について
実践的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


何度電話してもアポイントが取れない時、この工夫をすればアポが取れるようになる

2018/01/03 11:11
あなたが使っているテレアポトークは
会社で用意されたトークでしょうか?
先輩から教えられたトークでしょうか?

「いや、自分で考えたトークで電話しているよ、」
とおっしゃる方もいるでしょう。

もちろんどのようなトークでもかまいませんが、
今のトークで結果が出ているのか?・・・
と言うことです。

最近は経費削減のため外回りではなく、
電話を使って営業する会社も増えているため
当然、毎日のようにセールスの電話が来ますから、
受ける側も警戒しているのが現状です。

すると以前にも増して拒絶反応が見られるようになり、
アポイントが取りづらいと言うのが現状です。

それだけ拒絶されることが多いテレアポですが、
もし相手の断りを回避してアポが取れるようになれば
あなたも苦労しないと思われますが
いかがでしょう。

そんなあなたのために、
テレアポの「ポイントになるコツ」を
いくつかご紹介したいと思います。

まずは会社に電話する例として
よくありがちなトークをご覧下さい。
………………………………………………………

営業「お忙しいところ恐れ入ります。
  (   )会社の(   )と申しまして、
  (      )のご案内で電話したのですが、
   社長様はいらっしゃいますでしょうか?」

事務「その件でしたら間に合っていますので、」

営業「そうですか、
   分かりました、失礼します・・・」

………………………………………………………

このように電話しても
すぐ断られることが多い訳ですが、

なぜこのトークで断られてしまうのか、
あなたはお分かりになりますか?

それは・・・
「自分からテレアポの電話です、」
と相手に伝えているからです。

たとえば、
「お忙しいところ恐れ入ります」と言った入り方は
丁寧な印象を与えるように思われますが、

相手にして見ればそう言った電話をして来るのは
ほとんどが営業電話だと分っていますから、
話しを聞かずにすぐ断られてしまうのです。

そしてもう1点は、
「(    )のご案内で電話したのですが・・」
と用件を述べている点です。

これでは売り込み電話だと思われるのは当然ですから、
相手が断わって来るのは当然です。

つまり、相手が断わってくると言うのは、
あなたが言わせていると言うことなのです。

このようなトークをしている限り
何度電話してもキーマンに取り次いでもらえませんし、
挙句には取次禁止と言う扱いを受けかねません。

では、どのようにすれば良いのか?

それは最初に電話に出た方に対して
自社にメリットがある話しだと思わせるようにすること。

そうすればすぐ電話を切られることもありませんし、
社長につないで貰うことも期待出来るようになります。

このようにテレアポで成功する秘訣は
メリットや恩恵が受けられる話しだと言うことを
相手に分かりやすく伝えることです。

受付や事務員も自社にとって有益な話しと分かれば
「少し話しを聞いて見ようかな・・・」
と次の展開へ進ませることも可能になります。

もし、あなたも
何度電話してもアポイントが取れない時は、
今のトーク内容を工夫して見てはいかがでしょう。

きっと効果も違って来ますよ。

その効果的なテレアポトークの内容を知りたい、
あるいは新規開拓や飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


営業で結果を出したいと言う方へ、目標に向かって「確実に出来る方法」あります

2018/01/02 13:33
2018年、
今年こそ結果を出したいと思っていても
気持ちが思うように動かない・・・

あなたもこのような状態に
なっていませんか?

やらなければいけないと分かっていても
思うように体が動かない・・・

その理由としては、
…………………………………
・冷たく断わられたらどうしよう
・何を言われるか不安・・・
・嫌な対応にあいたくない
・失敗する自分に耐えられない
…………………………………
と言った気持ちがあるからです。

失敗したくないから行動しない、
行動しないから失敗することは無い、
だから自分は傷つかない・・・

これが行動に移せない原因のひとつです。

ですが、
これでは結果を出すことは出来ませんので、
仕事にも影響が出ます。

そこで、また考えてしまいます。

「何とかしないと・・・」

でも、そんな簡単に
結果を出すことは出来ませんから、
根本的な意識を変えないことには
また同じことの繰り返しです。

そこで「心理面の強化」です。

テレアポでも飛び込み訪問でも
失敗が怖くて行動できないと言うならば、
心理面を変えるしかありません。

どのようにするのかと言いますと、
小さな目標と成功の積み重ねをする・・・
と言った工夫があります。

皆さんも目標を持って行動する訳ですが、
その目標の設定を工夫します。

たとえば今までのように目標設定した場合、
最終到達に向けて必死に行動する訳ですが
それが途中の段階で目標達成が難しくなると
やる気が持続せずに諦めムードが出てくると
言うのがありました。

これが目標達成を辛くしている要因です。

なにしろ目標設定に対して
あきらかに遠く感じられるのですから、
心の中ではもう駄目だと思っている自分がいるからです。

そこで目標の設定を変えます。

…………………………………………
小さな目標と積み重ねを繰り返す。
…………………………………………
この考え方に切り替えます。

小さな目標とは、
今日一日だけの目標を決めます。

その目標を確実にこなして行くことで
「やれば出来るんだ」と言う自信となるものを
自分に与えることが出来るようになります。

つまり、小さな目標を達成することで
自分に対して小さな自信が付いてきますし、
それを何度も積み重なることによって
大きな自信となり最終的な目標を達成させる
原動力にもなるからです。

何事も「自信に勝る良薬」はありません。

その自信となる根拠を
「小さな目標」と「成功の積み重ね」で
植え付けて行けば良いのです。

この考えなら
どんなことでも克服できます。

他の人に出来てあなたに出来ないことは
なにもありません。

さあ、どんどんチャレンジして行きましょう。
あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも最新のノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


謹賀新年/今年こそ目標達成したい方へ、この「新しい営業方法」を試すだけで結果も出ます

2018/01/01 11:46
画像  

画像
画像


昨年、多くの営業マンにノウハウを提供して来た結果、
たくさんの方から「結果が出ました」と喜びの声を貰いました。

「営業成績が上がり助かりました、」
「ちょっとしたコツでスムーズに行ったので驚きです、」
「目標達成がコンスタントになりとてもうれしいです、」
「こんな入り方があるなんて驚きの連続でした、」
「今まで悩んでいたことがウソのようです、」

この他にもたくさんのメールを頂いてます。

あなたも結果を出したいと思っていても、
今までの流れからそんなに好転は見込めない・・・
と思っているはずです。

もっと営業努力をしなければいけない、
もっと電話や訪問件数を増やさないとダメだ・・・
とわかっていても、

断わられる件数が多くて見込み客すらできない
と言うのが現状だからです。

そんな断わられる件数が多い方でも
結果を出す営業方法があります。

それがこちらです、

・インターホンを攻略する方法、
・受付や事務員を攻略する方法、
・テレアポで上手に会話できる方法
・飛込み訪問で話しをすることが出来る方法、
・ダイレクトメールで反響を得られる方法、
・ファックスだけで見込み客を集める方法、
・紹介だけで新規客を増やせる方法、

▼さらに、
 保険の営業で使えるノウハウもあります。
…………………………………………………………
・保険の営業にも使える「手紙DM」で会話が広がる
・保険のテレアポ切り返しに使える営業ノウハウ集
・クリニック・法人関係にアポイントを取る営業トーク
・保険の営業で使える案内状「通販型の保険を題材」
・保険の営業に役立つ「相談メールの回答例」
・飛び込み訪問用に使える「営業チラシ」
・損保営業のスプリクト・レターの添削実例集
・有料メルマガより全投稿ノウハウ集をプレゼント♪
・62円で送れるミニレターの現物
…………………………………………………………

このような営業ノウハウを活用することで
あなたの営業成績をアップさせることも
可能になります。

今年こそ結果を出したいと思っているならば、
即効性のある営業方法を試して見ては
いかがでしょう。

目標達成することも夢ではありません。

どれだけの営業方法なのか、
詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」




記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

メルマガ登録・解除
テレアポ・飛び込み訪問、初心者でも出来る営業方法
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
心理学を応用したテレアポ、飛び込み訪問です。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる