アクセスカウンタ

<<  2017年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


新規開拓の飛び込み訪問で「相手から警戒されず話しを聞いてもらえる工夫」

2017/04/28 11:01
新規開拓の飛び込み訪問で苦労するのは、
インターホンで簡単に断られてしまうことや
話しも聞いて貰えず見込み客もできないと言う
現実があることです。

これは個人宅や法人の営業をしている
どの方も苦労している部分ですよね。

そこで話しを聞いてもらえるようにするには
どうしたら良いのか?と言うことですが、

最初のアプローチを工夫することが
相手の警戒心を解くカギになります。

それには売り込みをしないと言う意識で
訪問することです。

たとえば「自分が扱っている商品やサービスを
「売り込まれるかも知れない・・」
と思っている相手に対して、

「そんな心配いりませんよ、
お役に立てる情報を届けているだけですから、
ご安心下さい。」

と言ったスタンスで接すると、
(ああ、売り込みではないんだな、
それだったら話しくらい聞いてもいいかな・・・)

と思ってくれる方も出て来ますから、
そこから会話を続けることも可能になるからです。

何よりも良い話しを聞かせてくれる営業マンとして
あなたのことを見てくれるようになりますから、
その後も良好な関係を築くこともできるように
なることです。

では商品やサービスを売り込まないで
相手に何の情報を与えたら良いのか?・・・
と言うことになりますよね。

そこで飛び込み訪問で上手くいくコツは
売り込みになるような印象を与えるのではなくて、
相手が知り得ていないであろうと思われる情報や
相手の生活に役立つ情報と言ったように、

あなたのためにお役立ち情報を持って来ました、
と言った感覚で接するようにすれば良いのです。

そうすれば嫌がられる売り込みと思われずに
話しを聞いてくれるようになるからです。

あなたもお役立ち提供の営業マンとして、
接して見てはいかがでしょう。

あなたの話しを聞きたいと思う人が増えますよ。
どうぞお試し下さい。

その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


飛び込み訪問で断られた時、ちょっとした工夫で「2回目の訪問」が気軽にできる

2017/04/24 10:04
飛び込み訪問で苦労するのは
不在が多かったり居留守を使われることが多く
思うように結果を出すことができない点です。

そんな苦労する飛び込み訪問ですが、
ちょっとしたやり方や工夫を変えるだけで
次につながる訪問の仕方がありますので、
その方法をご紹介したいと思います。

まずはインターホンのコツです。

たとえばインターホンを押す前に、
「また断わられるかも知れない・・・」
と頭の中に思い浮かべる方もいますが、
そんなことはありません。

なぜならたとえ今回断わられても
次も断わられると決まっている訳では
ないからです。

話しを聞くか聞かないかと言うのは
その時の気分や状況によっても違いますし、
それに今回冷たく断わられたとしても
次につながる種をまいておくだけで
すんなり行くケースもあるからです。

この種をまくと言うのは
どう言うことなのかと言うと、
断わられた時に良いイメージを残す、
と言った工夫です。

断られた時こそ、
去り際をさわやかにするのが大事です。

ご存知のように飛び込み訪問の多くは
簡単に断わられることが多いです。

その理由としては突然の訪問ゆえに
見知らぬ人には警戒する方が多いので
断わる方が多い訳ですが、
ここがポイントです。

知らない人には警戒すると言うこと。

それなら「知っている人」になれば
相手の警戒心を変えることも出来るのです。

そこで相手の警戒心を和らげるたには
どうしたら良いのか?と言うことになりますよね。

その工夫と言うのが
去り際に良いイメージを与えておくことで
相手もあなたのことを覚えてくれますから、
次に訪問した時に会ってくれることも
期待できると言う訳です。

知らない人から知っている人になれば、
「ああ、この間の人ね・・・」
と言ったように思い出してくれますから、
話しを聞いてくれる人も出てくるようになります。

このように飛び込み訪問を成功させるコツは、
断られた時にこそ相手に良いイメージを
残すことが大事なのです。

営業は一度きりの結果で終わりではありません。

次のチャンスもあるのですから、
2回、3回と再訪できるように工夫することが
営業で結果を出す秘訣になります。

どうぞお試し下さい。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにもノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓しても断わられることが多い方へ、この営業トークなら話しを聞いてもらえる

2017/04/21 22:29
営業で結果を出すには努力も必要ですし、
毎日継続した営業活動も必要です。

ですが、一生懸命努力したとしても
それが営業成績に反映されなければ
モチベーションも続きません。

そんな心が折れやすい営業ですが、
今のやり方で結果が出ないと言うのであれば、
営業のやり方や方法を変えるしかありません。

たとえば、
「今のところ間に合っています、」
「その話しなら必要ありません」と言ったように、

お決まりの断わり文句が出て来るような場合は
話しを聞いて貰えるような工夫が必要です。

そもそも「その話なら断わっているので、」
と言った言葉が出ると言うのは、
何度も同じような話しが来るために
断わっている方が多いと言うことです。

つまり、そうなる理由として大きいのは
会社で教えられたトークや営業の仕方が
相手から見透かされていることが
大きな原因です。

どこの会社でも同じようなトークを使っていれば、
相手にして見れば「ウンザリ」となるのは
当然ですよね。

そこでそんな断り文句から解放されるには、
自分だけのオリジナルトークが必要です。

自分だけのオリジナルトークですから、
相手方に営業した時の反応も違って来ますし、
もちろん、冷たく断わられる件数も少なくなれば
モチベーションも違って来ます。

ではその営業トークを
どのように作ったら効果があるのか?

そのトークを作るヒントは
断わってくる相手方にあります。

相手が断わる理由は分っているのですから、
それを逆に利用するのです。

たとえばこんな感じです。

「そうですよね、
今はまだ必要としないですよね、
でも、ご安心下さい。
今回押し付ける話しではないですから
大丈夫なんですよ・・・ 」

と言った感じの想いが相手に伝わるように、
そんなトークに置き換えて話しをすれば
今までと違った反応を得ることも出来るのです。

では、実際どのようなトークなら良いのか?

そのトークを知りたい方や試して見たいと言う方は、
こちらを参考にしてください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓の営業で結果が出ない時、このような工夫すると「目標達成」も楽に出来る

2017/04/12 12:11
新規開拓の営業で苦労するのは、
思うような結果が出ないことに対する焦りや
モチベーションを維持するのが難しいことです。

そこで心理面の強化です。

テレアポや飛び込み訪問でも
思うような結果が出ないと言う時は、
心理面を変えるのが効果的です。

そこでどのように変えるのかと言うと
小さな成功を積み重ねる工夫をします。

皆さんも目標を持って行動していると思いますが、
その目標設定する目線を変えます。

たとえば今までの目標は
設定した目標を達成することを重視していましたが、
一旦つまづいてしまうとその目標が遠く感じられ、
やる気が失せると言うのがありました。

これが目標達成を辛くしている要因です。

そこで小さな成功を積み重ねる考え方です。

小さな成功ですから、
ホンの目先の目標でかまいません。

その目標を確実にこなして行くことで
「これで一歩前進した、やれば出来る!」
と言った自信が自分の中に生まれます。

そうするとまた次の目先の目標を設定して、
それをクリアするまで行動するようにすれば
自然と達成できるようになります。

つまり目先の目標をクリアすることによって
自分に自信が付いてくるようになりますから、
その自信をいくつも積み重なることによって
最終的な目標を達成させる原動力になると
言う訳です。

何事も「自信に勝る良薬」はありません。

その自信の根拠となるものを
大きな目標ではなく目先の目標を達成して、
充実感を植え付けさせて行けば良いのです。

この考えならばどんなことでも克服できます。

他の人に出来て自分に出来ないことは無いのですから、
どんどん前に進んで行きましょう。

あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓で結果を出せる「営業ノウハウ」があれば営業成績もアップする

2017/04/10 13:44
新規開拓で結果が出ないと悩んでいる方へ、

もっと効率良く新規契約が取れる方法で
あなたも結果を出せるとしたら・・・
その方法を試して見たいと思いませんか?

今回は営業で結果が出ず悩んでいる方の為に、
参考になる方法をご紹介したいと思います。

そもそも営業の仕事は製造業などと違って
自分の意思で行動出来るメリットがありますから、
それを利用しない手はありません。

時間から時間まで作業する事もありませんし、
自分が動きやすい行動計画を立てながら
後は結果を出して行くだけです。

その結果が給与に反映されるのですから
数字が良ければ加算額も大きくなりますし、
反対に悪ければ会社からのプレッシャーも
相当あると覚悟しなければなりません。

これが営業職の宿命です。

これはたとえ新人であっても
それなりの結果を出さないといけませんから、
プレッシャーも出て来ますよね。

それならばもっと効率の良い営業を
して見てはいかがでしょう。

それが出来るのも営業職だからです。

ですがその効率の良い営業をするには
やはり効果的なノウハウが必要です。

・効率良く訪問しドアを開けてもらえる方法
・テレアポでアポイントが取りやすいコツ
・新規開拓が楽に出来る営業方法など

このような営業手法を活用することによって
今よりも契約本数があがるとしたら・・・
あなたも試して見たいと思いますよね。

それが出来るのも
効果的営業方法を知っているかどうかで
結果も変わってくることです。

そんな効果的営業方法を知りたいと言う方は
相手から話しを聞きたいと言わせる方法から
アポが取りやすい営業手法もありますので、
こちらをご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓で事務員から断わられる件数が多くて困っている方へ、これなら社長まで話しを通してくれる

2017/04/03 12:55
新規開拓していると困るのが、
「今のところ間に合っているので」
「今忙しいので今度ね」
「代えたばっかりなんだよ、」

と言ったような感じで
簡単に断られてしまうことです。

それも用件を出して話を進めようとしても
それ以上関わろうとしない状況ですから、
また断わられたと言う結果に落ち込む方も
いらっしゃいます。

その「断わられた」と言う
結果を引きずりながらその場をあとにしてしまうと、
嫌な思いだけが残ってしまいます。

そんな嫌な思いを引きずらないためにも
相手の断りから次の展開につなげることが出来る
そんなコツをご紹介したいと思います。

まずは会社訪問でよくあるパターンです。
………………………………………………………

営業「こんにちは、
   (   )会社の(  )と申しますが、
   お世話様です。

   (      )について、
   社長様にご案内したいと思いまして
   お伺いしました。
   社長さんいらっしゃいますか? 」

事務「その話なら間に合ってますので・・・」

営業「そうですか〜 わかりました。
   それではまたお伺いしたいと思います。
   失礼しました・・・ 」

………………………………………………………

と言った感じで終わってしまうと
「ああ〜また断られた・・」と言う状態ですから、
後味も悪く落ち込むような終わり方です。

そこで、
相手の断わりがあっても次につながるトークです。
………………………………………………………

事務「その話なら間に合ってますので・・・ 」

営業「そうですか、
   今のところまだ間に合っていると言うことですね、
   わかりました。
   (相手の断りを一旦受け止めて安心させます。)

   ところでわたくし共では、
   色んな会社と取り引きしておりますので、
   社長さんや御社の仕事先に対しても
   お役に立てる情報をご紹介出来ると思います。
   そのような場合ご迷惑になりませんか?

   たとえば、
   こう言った情報もあるんですが・・・ 」

…………………………………………………………

と言った話しを切り出すことによって
事務員が受ける印象も変わって来ますし、
次につなげる終わり方をすることも出来ますから、
社長まで話を通してくれることも
期待できるようになります。

今までは
「また売り込みの話しか、
社長から断わるように言われているから
間に合っていると言えばいいか・・・」

と言った感じで断わられていたかも知れませんが、
いかに相手の興味を引き出すことが出来るかで
会話を続けられるチャンスが増えるのですから、
断わりは断わりのままでは終わらせない・・・
と言った工夫が大事なのです。

次につなげる訪問をすることが
結果を残すためにも必要なポイントです。

どうぞ今回の内容を参考にして下さい、
あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2017年4月のブログ記事  >> 

トップへ

メルマガ登録・解除
テレアポ・飛び込み訪問、初心者でも出来る営業方法
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
心理学を応用したテレアポ、飛び込み訪問です。 2017年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる