心理学を応用したテレアポ、飛び込み訪問です。

アクセスカウンタ

zoom RSS 新規開拓で事務員から断わられる件数が多くて困っている方へ、これなら社長まで話しを通してくれる

<<   作成日時 : 2017/04/03 12:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新規開拓していると困るのが、
「今のところ間に合っているので」
「今忙しいので今度ね」
「代えたばっかりなんだよ、」

と言ったような感じで
簡単に断られてしまうことです。

それも用件を出して話を進めようとしても
それ以上関わろうとしない状況ですから、
また断わられたと言う結果に落ち込む方も
いらっしゃいます。

その「断わられた」と言う
結果を引きずりながらその場をあとにしてしまうと、
嫌な思いだけが残ってしまいます。

そんな嫌な思いを引きずらないためにも
相手の断りから次の展開につなげることが出来る
そんなコツをご紹介したいと思います。

まずは会社訪問でよくあるパターンです。
………………………………………………………

営業「こんにちは、
   (   )会社の(  )と申しますが、
   お世話様です。

   (      )について、
   社長様にご案内したいと思いまして
   お伺いしました。
   社長さんいらっしゃいますか? 」

事務「その話なら間に合ってますので・・・」

営業「そうですか〜 わかりました。
   それではまたお伺いしたいと思います。
   失礼しました・・・ 」

………………………………………………………

と言った感じで終わってしまうと
「ああ〜また断られた・・」と言う状態ですから、
後味も悪く落ち込むような終わり方です。

そこで、
相手の断わりがあっても次につながるトークです。
………………………………………………………

事務「その話なら間に合ってますので・・・ 」

営業「そうですか、
   今のところまだ間に合っていると言うことですね、
   わかりました。
   (相手の断りを一旦受け止めて安心させます。)

   ところでわたくし共では、
   色んな会社と取り引きしておりますので、
   社長さんや御社の仕事先に対しても
   お役に立てる情報をご紹介出来ると思います。
   そのような場合ご迷惑になりませんか?

   たとえば、
   こう言った情報もあるんですが・・・ 」

…………………………………………………………

と言った話しを切り出すことによって
事務員が受ける印象も変わって来ますし、
次につなげる終わり方をすることも出来ますから、
社長まで話を通してくれることも
期待できるようになります。

今までは
「また売り込みの話しか、
社長から断わるように言われているから
間に合っていると言えばいいか・・・」

と言った感じで断わられていたかも知れませんが、
いかに相手の興味を引き出すことが出来るかで
会話を続けられるチャンスが増えるのですから、
断わりは断わりのままでは終わらせない・・・
と言った工夫が大事なのです。

次につなげる訪問をすることが
結果を残すためにも必要なポイントです。

どうぞ今回の内容を参考にして下さい、
あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
新規開拓で事務員から断わられる件数が多くて困っている方へ、これなら社長まで話しを通してくれる 心理学を応用したテレアポ、飛び込み訪問です。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる