アクセスカウンタ

<<  2017年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


訪問営業してもインターホンで断わられてしまう方へ、ドアを開けて貰えるこのトークなら結果も変わる

2017/02/24 21:00
訪問営業で苦労する点は
・インターホンで簡単に断わられる、
・ドアを開けてもらえない・・・
・話しも聞いてもらえない・・・

と言ったように、
インターホンの時点で簡単に終わってしまい
こちらの話しを聞いてもらえないために
アポが取れないことです。

皆さんもインターホンで終わってしまうので
苦労している部分ですよね。

ではどのようにしたら
インターホンからドアを開けて貰えるのか?
参考になるコツをご紹介したいと思います。

まずはインターホンを鳴らすと言えば
宅配か郵便配達員、それに知り合いとかになりますが、
それ以外で多いと言えば「訪問販売」と言った
売り込みに来るセールスマンです。

ゆえに訪問販売と分ると
面倒な話しにかまっていられないと言うことで
話しも聞かずに断る方が多いのです。

ここにヒントがあります。
「営業以外なら出る」と言うことです。

と言うことは・・・
営業では無いことを知らせれば
出てくれる方が増えると言うことになります。

ですが訪問販売は
誰が何の目的で訪問しに来たのかと言う
「特定商取引法」を遵守しないといけませんから、
相手に訪問理由をキチンと説明しなくてはいけません。

でも、そのまま相手に伝えては
門前払いになるのは目に見えていますから、
皆さんもそこが苦労している部分ですよね。

そこでインターホンの攻略方法です。

こちらが何の目的で訪問したのかを
相手にキチンと伝えることが出来て、さらに
ドアを開けてくれれば問題無いのですから、
そこは法令に従って説明しながら
相手にドアを開けてもらう工夫をします。

こんな感じです。
………………………………………………………………
インターホンを押します。

    ピンポ〜ン・・・

相手「はい・・・」

営業「こんにちは〜
  ( 会社名 )の ××× と言いまして、
   皆さんに(       )が出来ることになりましたので、
   そのお知らせするために1件1件廻って来ました。
   2、3分ですぐ終わりますので、 
   お願いしま〜す。」 

………………………………………………………………

このような感じで
メリットある内容を知らせに廻っていると伝えることで
面倒な話しでは無いことが相手にも伝わりますから、
ドアを開けて貰えるようになります。

それにはあっさり感を出しながら、
何の話しなのかな?と軽く思わせるようにして
ドアを開けさせるのがポイントです。

チョットしたコツで次に進ませることが出来れば、
試して見る価値はありますよね。

ですが訪問販売やセールスの種類は色々ありますから、
売る商品によって相手に伝える内容も違いますし、
当然入り方も違います。

リフォーム、浄水器、教材、、オール電化、
会員権、布団、保険、掃除機、シロアリ駆除など
それ以外にもたくさんの種類があります。

よって相手に勧める商品やサービスに対して
入り方や営業トークが違うのは当然ですから、
それに合った営業方法が必要です。

そこでそれぞれの業種に特化した
専用に使える入り方や営業トークがありますので、
内容を見たい方はこちらをご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ダイレクトメールを送っても反響が無い時、このような工夫をすると新規獲得件数が増える

2017/02/20 08:36
新規開拓のひとつしてダイレクトメールを送っても
効果が無いとお困りになっていませんか?

問合せや申込みの電話を期待して
相当数のダイレクトメールを送ったのに
反応がゼロと言う結果・・・

これではお金をかけて送った意味が
ありません。

そんなお困りになっている営業マンのために、
改善出来る工夫についてご紹介したいと思います。

まずはダイレクトメールを送っても
効果が無いのは「読ませる工夫が足りない」?
と言うことになります。

そこでダイレクトメール作成のコツですが、
「自分が受け取ったらどう思うのか?」
と言った視点で考えます。

会社が用意したパンフレットやチラシ類では
効果が期待出来ないのは実証済みなのですから、
そこは自分で工夫するしかありません。

たとえば封筒の中に
「営業マン1人を入れて送る」と言った感じで
相手に読ませる「オリジナルのレター」を
入れて見てはいかがでしょう。

あなたの想いをレターに書き出して
それをダイレクトメールに入れて送るのです。

その時の注意点は売り込みにならないように
相手が興味を持ってくれそうな内容や
情報を入れるのが基本です。

つまり、あなた自身貰ってうれしいDMならば
相手も興味を持って読んでくれるでしょうし、
結果として今まで以上に開封率も高まりますから
反響率も高くなり効果も違って来ると言う訳です。

今までのDMで結果が出ないと言うのであれば、
相手に読ませる「オリジナルレター」を入れて
送って見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

そのオリジナルレターを作る方法を知りたい
あるいは新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
そしてテレアポトークや飛び込み訪問について
実践で使える営業ノウハウを探している方は、
こちらに最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓で困っている営業マンの方へ、あなたの仕事内容に特化した「専用の営業ノウハウ集」あります

2017/02/19 14:14
新規開拓しても結果が出ないと言う方へ、

自分の仕事内容に使える営業方法があれば
あなたも使って見たいと思いませんか?

ご存知のように
新規開拓で電話や飛び込み訪問しても
話し途中で簡単に断わられることが多く、
アポも取れず見込み客さえできないので
結果も出ないと言うのが現実です。

もしあなたも結果が出ずに悩んでおり、
自分の仕事に使えるノウハウがあるとしたら
使って見たいと思いますよね。

そこで色んな業種に使えるノウハウとして、
あなた専用の「営業ノウハウ集」があります。

営業職にも色々ありますから、
その仕事内容に沿った営業方法でなければ
効果も期待できないと言うのは当然ですので
その業種に特化した営業方法を用意しました。

実際どれだけの営業職に提供しているのか
一例をご紹介したいと思います。

▼こちらが実際に提供している業種の一部です。
………………………………………………………
・健康食品を提案する効果的な営業トーク
・オール電化(太陽光)営業に使える営業ノウハウ
・保険の新規開拓に使える営業ノウハウ
・コピー機営業で法人営業する際のトーク例
・ホームページ作成営業でテレアポの仕方
・人材派遣営業で法人向けの営業ノウハウ
・投資信託を勧めるテレアポトークとDM営業
・マイラインを法人と個人向けにするテレアポ例
・トイレ診断士から販路拡大用の営業トーク
・浄水器を個人宅にアプローチする際の営業トーク
・結婚情報サービスでフォロー電話の仕方
・折り箱の販路拡大用の営業ノウハウ
・プロパンガスの契約を増やす営業トーク
・自動販売機設置で営業する際の訪問トーク
・個人宅にリフォーム営業する際の営業トーク
・教材と家庭教師斡旋のテレアポトーク
・会員獲得に使える葬祭業の営業トーク
・貴金属の買い取りですんなり入る営業トーク
・投資用マンションでのアポ取り営業トーク
………………………………………………………

この他にも様々な営業職から依頼ありますし、
その業態に特化した「専用の営業ノウハウ集」を
提供しております。

今までと違った切り口で入ることで
新たな展開を広げることもできますし、
話しのテーブルにつかせることが出来れば
あとはあなたの思い通りです。

色々な業種に特化した「営業ノウハウ集」を
あなたも手に入れて見てはいかがでしょう。

その「効果的な営業ノウハウ集」を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも専用のノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月中に営業成績を出したい方へ、この「営業手法」なら結果を出すことができる

2017/02/18 12:11
2月中に営業成績を出したい方へ、

結果につながる新しい営業手法として
見込み客の開拓やインターホン攻略に役立つ
ノウハウ集をご紹介したいと思います。

まずはあなたも
新規開拓で思うような結果が出ないのは、
自分に営業能力やセンスが無いからだと
思っていませんか?

他の人は結果を出しているのに
自分は出ていない・・・

自分のやり方がダメなのか、
それとも自分に営業能力が無いからか・・・

このように結果が出ないのは
自分に営業能力やセンスが無いからだと
思っている方が多いと言うことです。

ですが、そんなことはありません。

普通に社会生活を送っている方なら
誰にでも結果を出せる力はあるからです。

そもそも結果が出ないのはなぜなのか?

その原因がどこにあるのか、
あなたはお分かりになりますか?

それは結果を出すための
最善の方法を知らなかった・・・

それだけのことです。

効果的な方法を知らずに営業しても
結果が出ないのは当然です。

実際、あなたが行なっているやり方で
満足な結果が出ていないと言うのであれば、
それはまだ効果的な営業をしていないと言う
結果のあらわれです。

もっと良い方法があるんじゃないのか?
もっと違う入り方をすれば上手く行くんじゃないのか?
あなたもそう思っているはずです。

そこで効果的に出来る「営業手法」です。 

・インターホンを攻略する方法、
・受付や事務員を攻略する方法、
・テレアポで上手に会話できる方法
・飛込み訪問で話しをすることが出来る方法、
・ダイレクトメールで反響を得られる方法、
・ファックスだけで見込み客を集める方法、
・紹介だけで新規客を増やせる方法、

▼さらに、
 保険の営業で使えるノウハウもあります。
…………………………………………………………
・保険の営業にも使える「手紙DM」で会話が広がる
・保険のテレアポ切り返しに使える営業ノウハウ集
・クリニック・法人関係にアポイントを取る営業トーク
・保険の営業で使える案内状「通販型の保険を題材」
・保険の営業に役立つ「相談メールの回答例」
・飛び込み訪問用に使える「営業チラシ」
・損保営業のスプリクト・レターの添削実例集
・有料メルマガより全投稿ノウハウ集をプレゼント♪
・62円で送れるミニレターの現物
…………………………………………………………

このような営業ノウハウを活用することで、
あなたの営業成績をアップさせることも可能になります。

もしあなたも2月中に結果を出したいと思っているならば、
即効性のある営業方法を試して見てはいかがでしょう。

2月末日までに目標達成することも夢ではありません。

そこでどのような営業手法なのか、
詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


テレアポでアポイントが取れない時、ここを工夫すると「次につながるアポ」が取れる

2017/02/17 22:03
新規開拓で行うテレアポは
電話しても簡単に断わられることが多くて
先に進まないと言うのが現状ですが、
それでもアポイントが取れる秘訣はあります。

秘訣と言っても特別な手段を使う訳でもありませんし、
特定の業種に特化した方法でもありません。

誰にでもアポイントが取れる秘訣です。

ではどのような方法なのかと言うと、
相手から「会いたい」と言わせることです。

たとえば今までのテレアポは
「会って話しをしたいのでお願いします、」
と言ったようにお願いしていたはずです。

ですが、人は他人からお願いされると
避けたいと思う心理状態になりますから、
誰でも断わりたくなります。

会ってしまえば断りづらくなりますし、
買わされてしまうかもしれないと言った不安を
感じてしまいますから、自然と断わる流れに
なってしまうのです。

そこで、アポイントが取れるコツです。

こちらからお願いするのではなくて、
相手から「会いたい」と言わせるようにすれば

苦労することなくアポイントが取れるようになります。

実際どのようにすればよいかと言いますと、
トークの中で営業マンが話しをするのは当然ですが、
それ以上に相手側にも話しをさせるようにします。

たとえば「Q&A的な会話」を心がけると
相手との会話もスムーズに行きますし、
お互い気持ちよく会話をすることが出来ます。

さらにこの場合のメリットは、
相手が断るつもりであっても有効なことです。

仮に断わられる場合であっても
相手に気持ちよく断わって貰うようにすることが
大事だからです。

いつものように
「その話しなら間に合っているので・・」
と断わられるよりも

「今は必要としないけれど
そう言った時があったら考えておきますね・・」

と言った感じで「前向きな断わり方」を
して貰うようにします。

この流れで断り文句を引き出すことが出来れば、
たとえ今回その人が契約をしてくれなくても
知り合いの方を紹介してくれるかも知れませんし、
気が変わって後で電話くることもあるからです。

いずれにしても
相手に気持ちよく断わってもらう・・・
これも次につながるポイントになります。

このようなポイントを押さえることで
相手からガチャ切りされる件数も減って来ますから、
テレアポも楽しく出来るようになります。

どうぞ、お試し下さい。

その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓で相手から断られても「会話を続けることができる工夫」

2017/02/15 09:35
個人宅への飛び込み訪問で困ることと言えば
インターフォンで簡単に断わられてしまうことです。

それも初めて訪問したのに
「その話しなら間に合っていますので・・」
と話し終わらないうちに断られることも
よくあります。

自分はまだいち部分しか話していないのに
その話しなら間に合っているからと言われると
どうしたら良いのかと悩んでしまいます。

そんな断わられることが多い新規開拓の営業ですが、
そのまま引き下がっていては進展もありませんし、
結果を残すことも出来ません。

そこで新規開拓で簡単に断られた時や
その話しなら間に合っていると言われた相手でも
その場の雰囲気を簡単に変えることができて、
さらに話しを続けられるコツがありますので
その工夫をご紹介したいと思います。

このように相手から断わられた時に
話しが続けられるトークとしてご覧下さい。
…………………………………………………………

相手「その話しなら間に合ってますので・・」

営業「そうですよね〜
   今のところはまだ間に合っていますよね、←(相手の断りに対して同調します)
   わかりました。

   ところで話しは変わりますが、
   (   )について聞いたことはありませんか?」

…………………………………………………………

と言ったように相手の断りを受けた後に
「ところで話しは変わりますが・・・ 」
と言ったフレーズを出しながら質問することで
会話を続けることができます。

ポイントは、
相手の断わりが出たら
その答えに同調してあげることです。

そうすれば相手が断わったことに対して
この人(営業マン)はわかってくれたと思いますから、
これ以上売り込まれることは無いだろうと
安心するからです。

安心させると話題を変えることも出来ますから、
次の展開に進ませることも出来るようになります。

それに相手側も違った展開の話しをされると
意外と乗ってくる人もいますから
試して見る価値はあります。

このように相手から断わられた時でも
分かりましたと言いながら受け止めてあげる事によって
今まで以上にチャンスが広がるとしたら・・・
使わない手はありませんよね。

どうぞお試しください、
あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、効果的な営業方法を知りたい、

あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


飛び込み訪問しても結果が出ないと言う方へ、これなら見込み客をどんどん作ることが出来る

2017/02/13 12:11
新規開拓でする飛び込み訪問は
相手から簡単に断わられる件数が多いために
誰がやっても心が折れるものです。

ですが、そんな飛び込み訪問でも
続けていれば必ず結果は出てくると言うことを
頭の中に入れて行動することが大事です。

なぜなら、訪問すると不在や居留守宅も多いですし
話し途中で断わられる件数も多くありますが、
それでも訪問していれば必ず話しを聞いてくれる人に
出会えるからです。

つまり、飛込み訪問で結果が出ないのは
途中で訪問件数が減ってしまう所にあったのです。

そこで、
飛込み訪問で「結果を出す考え方」です。

それは見込み客になる人に出会えるチャンスが
1日3件あると言うこと。

これは新人やベテランにかかわらず、
出会えるチャンスは誰にでも平等にあります。

つまり、毎日目標の訪問件数をこなすことによって
誰にでも話しを聞いてくれる人に出会えるのですから、
今まで以上の結果につなげることも可能だと言うことです。

それを途中で止めてしまうから
出会えることなく一日が終わってしまうのです。

行動すれば必ず結果は出ます。

良い悪いの他に何かしらの結果は出るのですから、
それを積み重ねれば今日からでも結果は出ます。

ですから結果を出している人ほど
決めた訪問件数以上を必ず廻っているのです。

このように自分が決めた訪問件数を廻っていれば
必ず話しを聞いてくれる人=見込み客に当たるのですから、
「ここは行ってもムダだろう」と決めないで
相手に話しを訊きに行ってください。

必要かどうかを決めるのはあなたではなく、
相手が決めることです。

それを訊きに行くだけのことだと思えばよいのです。

どうぞ参考にして見て下さい、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにもノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


飛び込み訪問の「インターホントーク」をこのように工夫するとドアを開けてもらえる

2017/02/09 15:19
新規開拓で飛び込み訪問をしていると
ほとんど話し途中で断わられることが多く、
先に進まないので困っていると言う方も
多いと思います。

特に個人宅への飛び込み訪問の場合は
インターホンで簡単に断わられることが多く、
見込み客すら出来ないと言うのが現状です。

そこで相手の断わりを回避するには
インターホントークを工夫するしかありません。

どのように変えたら良いのかと言うと、
相手の聴く耳を工夫する方法があります。

なぜ聴く耳かと言いますと、
同じ営業の話しでも「何となく違う話しかも?」
と思わせることで聴く耳を持たせることが
出来るからです。

たとえば今までのトークは
話しを伝えたいと思う気持ちが強かった為に
必死に訪問理由を伝えていたと思いますが、
相手にして見れば「また売り込みの話しか、」
となっていました。

誰も「面倒な話し=営業」は聞きたくないので
すぐ断わっていたのです。

つまり訪問して来た人があなたでなくても、
売り込みになるような話しなどは聞きたくないと
言うのが現状です。

では、どのようにすれば話しを聞いてくれるのか?
と言うことになりますが、

たとえば今までのパターンはこんな感じでした。
……………………………………………………

「今回(    )地区の皆様に
お役に立てる(   )をご案内しておりました。
すぐ終わりますのでお願いしま〜す。」

……………………………………………………

と言った感じで話していたと思いますが
それでは相手にして見れば
「また営業の話しか」となっていました。

そこでちょっとした工夫です。

こちらのトークをご覧下さい。

     ↓ ↓ ↓

…………………………………………………………

「今回(    )地区の皆様に
お役に立てる(   )をご案内しておりました。

ただ提供できる方とできない方がおりまして、
(   )に該当する方にだけお話ししていたんですね、

すみませんが、
確認だけお願いしてもよろしいですか? 」

…………………………………………………………

と言った感じなら今までと違う入り方です。

「(   )の話しみたいだが何かの確認?」
と思わせてちょっと考えさせるような工夫を入れると
ドアを開けてくれる方も増えます。

こちらが一方的に話しをしてしまうトークでは
相手側も聞くだけで面倒になりますから、
後はどうやって断わろうかと考えるだけです。

その考えを無くすには、
「確認しないといけない?」と相手に思わせる工夫が
必要なのです。

今まで相手が話しを聞かずに断わっていたのは、
あなたが一方的な話しをしていたからです。

それを無くすためには
相手に参加させる工夫をすれば良いのです。

それによって今までと反応も変わって来ますから、
これまでと違った結果=契約を出すことも可能に
なると言う訳です。

どうぞ、参考にして見てください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたいと言う方は
こちらにも営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


飛び込み訪問を成功させるコツ、それはこのように「相手が疑問を持つ入り方」をすること

2017/02/06 10:52
個人拓や会社に飛び込み訪問で苦労するのは、
最初に入るトークの内容です。

もちろん新規開拓の営業ですから、
自分が扱っている商品やサービスついて
メリットなどを説明することになる訳ですが、

ほとんどの方は
「そんな売り込みの話しなど聞きたくない」
と思っているのが現状です。

それゆえそう言った相手に
興味を持たせる工夫が必要です。

それが最初に入るトークの工夫です。

最初の入り方がスムーズに行けば
その後の会話も続けることも出来るのですから、
最初が肝心だからです。

ではどのように入れば良いのかと言うことで、
こちらの例をご覧下さい。

    ↓↓↓

……………………………………………………

営業「こんにちは、
   (  )会社の(  )と言いますが、
   お世話様です。

   実は、(   )について
   あまり知られていないケースが多いので
   そのお知らせするために
   一軒一軒お伺いしていたんですね、

   (  )について
   内容が変わっていることを
   ご存じでしたか? 」

……………………………………………………
と言ったような感じで、

相手が疑問を持つような質問を投げかけて
いったん返答を待ちます。

そして相手が答えを返して来たら、
また次の質問を投げかけます。

この繰り返しをすることで
あなたが主導権を持つことが出来ますから、
会話を続けることも可能になると言う訳です。

もちろんこれだけで見込み客になる訳ではありませんが、
それでも次の展開に進ませるキッカケとして
会話を続けられることが出来ますし、

話しをすることで見込み客になる可能性も
高くなるのですから、

今までのようにすぐ断わられることが多く
次に進まなくて困っていると言うのであれば、
ひとつの工夫として試して見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考に出来る最新の営業ノウハウを探している方は、
こちらにも効果的営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓の現場で使える「最新の営業ノウハウ」を知ると、これからの営業成績が変わる

2017/02/04 11:51
新規開拓の現場で使える最新の営業ノウハウを知ると、
今までの営業スタイルが変わって来ます。

たとえばインターホンで門前払いされていたのが
コツを知ることで会話を続けることが出来るようになり、
そしてドアを開けて話しをすることが可能になります。

会社訪問でいつも受付の段階で断られていたのが、
担当者までつないで貰えるようになります。

さらに電話する時も最初のフロントトークを工夫することで、
社長まで電話をつないで貰うことも可能になります。

そしてなんと言っても
見込み客が今まで以上に増えるようになりますから、
安定した新規契約数を上げることも出来るようになります。

いかがですか、
見込み客が増えれば新規契約も増えるのは当然ですよね。

ですが、その当然なことが出来なかったのですから
あなたも結果を出すことに苦労していたはずです。

しかし、これからは違って来ます。

今までは最初の段階ですぐ断わられることが多く
あなたも大変な辛い思いをして来たと思いますが、
これからはそんな思いをしなくても済むからです。

それが出来るのも、
最新の「営業ノウハウ」があるからです。

あなたも今まで結果の出なかった営業から
安定した結果を出せる営業をして見ては如何でしょう。

そんな最新の営業ノウハウを知りたい、
あるいは新規契約を増やしたいと思っている方は
こちらにも営業現場で使えるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新規開拓で「アポが取りやすいトーク」はこうすれば作ることができる

2017/02/03 09:51
新規開拓で辛いのは
思うようにアポが取れないことですが、

他の人は取れているのに
なぜ自分だけアポが取れないんだろうと
思ったことはありませんか?

それは・・・
アポの取れないトークしか使っていないからです。

あなたもアポが取りやすいトークがあるとしたら、
試して見たいですよね、

そんなトークを知りたいと言う方に
ひとつの工夫をご紹介したいと思います。

まずは今使っているトークの欠点と言えば、
最初に出る方に対するトークが上手くいかないために
そこで終わってしまうことです。

会社に電話する例で言えば、
最初に出るのは受付や事務員が多いですから、
この時点で断わられていたのが多かったはずです。

キーマンと話す前に会話が終わる訳ですから、
アポイントが取れないのは当然です。

仮に運良くキーマンと話しをする事が出来たとしても、
簡単に断わられてしまうこともよくある話しです。

あなたもそうではありませんか?

そこで「会話を続けられるコツ」です。

それは相手の立場になって考えること。

つまり、自分が相手の立場だったら
どう言われると聞く耳を持つだろうかと
考えて見ればいいのです。

こう言われたら話しを聞いてもいいかな?
と言った感じで自分なりに工夫します。

今までは会社から教えられたトークで
電話していたケースも多いと思いますが、
それではみな同じような話しになるので
聞く側も「またその話しか」となってしまうのです。

ですから、相手の興味を引きつけるには
自分で工夫したトークが必要なのです。

あなたも自分だけのトークを使って
試して見てはいかがでしょう。

でも、そのトークを作るには
どうしたらよいのかわからない・・・
と言う方もいるでしょう。

そんな方はこちらを参考にして下さい。

テレアポ以外にも飛込み訪問に使える
「最新のノウハウ」を見ることが出来ますから、
これからの営業活動として参考になりますよ。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2017年2月のブログ記事  >> 

トップへ

メルマガ登録・解除
テレアポ・飛び込み訪問、初心者でも出来る営業方法
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
心理学を応用したテレアポ、飛び込み訪問です。 2017年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる