心理学を応用したテレアポ、飛び込み訪問です。

アクセスカウンタ

zoom RSS 新規開拓で相手から断られても「会話を続けることができる工夫」

<<   作成日時 : 2017/02/15 09:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

個人宅への飛び込み訪問で困ることと言えば
インターフォンで簡単に断わられてしまうことです。

それも初めて訪問したのに
「その話しなら間に合っていますので・・」
と話し終わらないうちに断られることも
よくあります。

自分はまだいち部分しか話していないのに
その話しなら間に合っているからと言われると
どうしたら良いのかと悩んでしまいます。

そんな断わられることが多い新規開拓の営業ですが、
そのまま引き下がっていては進展もありませんし、
結果を残すことも出来ません。

そこで新規開拓で簡単に断られた時や
その話しなら間に合っていると言われた相手でも
その場の雰囲気を簡単に変えることができて、
さらに話しを続けられるコツがありますので
その工夫をご紹介したいと思います。

このように相手から断わられた時に
話しが続けられるトークとしてご覧下さい。
…………………………………………………………

相手「その話しなら間に合ってますので・・」

営業「そうですよね〜
   今のところはまだ間に合っていますよね、←(相手の断りに対して同調します)
   わかりました。

   ところで話しは変わりますが、
   (   )について聞いたことはありませんか?」

…………………………………………………………

と言ったように相手の断りを受けた後に
「ところで話しは変わりますが・・・ 」
と言ったフレーズを出しながら質問することで
会話を続けることができます。

ポイントは、
相手の断わりが出たら
その答えに同調してあげることです。

そうすれば相手が断わったことに対して
この人(営業マン)はわかってくれたと思いますから、
これ以上売り込まれることは無いだろうと
安心するからです。

安心させると話題を変えることも出来ますから、
次の展開に進ませることも出来るようになります。

それに相手側も違った展開の話しをされると
意外と乗ってくる人もいますから
試して見る価値はあります。

このように相手から断わられた時でも
分かりましたと言いながら受け止めてあげる事によって
今まで以上にチャンスが広がるとしたら・・・
使わない手はありませんよね。

どうぞお試しください、
あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、効果的な営業方法を知りたい、

あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
新規開拓で相手から断られても「会話を続けることができる工夫」 心理学を応用したテレアポ、飛び込み訪問です。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる